search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ​​ナイナイ、10年ごとに“重大事件”が起こる? 3度目のターニングポイントを迎え新章へ

​​ナイナイ、10年ごとに“重大事件”が起こる? 3度目のターニングポイントを迎え新章へ

pic pic

ナインティナイン・矢部浩之、岡村隆史

 今年4月、ナインティナイン・岡村隆史が『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)にて、女性軽視・職業差別とも取れる不適切発言をして炎上。約6年前に番組を卒業した相方の矢部浩之が、ラジオ内で公開説教をして話題に。そして、矢部が助け舟を出す形で『ナインティナインのオールナイトニッポン』が復活。ナイナイの新章がスタートした。

 >>ナイナイ・岡村の不適切発言が大問題になる前に収められたのはニッポン放送のおかげ?<<

 実はナイナイは10年周期に大きな節目を迎えている。1990年に結成したナイナイ。すぐに東京進出し、デビューしてわずか数年で大ブレイク。1996年には彼らの代表作となる『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)がスタートした。同番組の人気企画『抜き打ちテスト』は2000年にスタートしている。

 「岡村が先生となって、中学生レベルのテストを受けた『めちゃイケ』メンバーや、タレントたちの解答をイジるという企画。こちらの企画は、瞬く間に人気となり、2004年には視聴率33.2%(ビデオリサーチ調べ)を獲得しています。AKB48のメンバーでテストをした際には、当時まだ無名だった川栄李奈がピックアップされ、一躍時の人に。彼女は後に演技派女優としてスターとなりました。このテスト企画が、約22年続いた『めちゃイケ』の支えとなった企画と言っても過言ではないでしょう」(芸能ライター)

 そして2010年、岡村が体調不良で突然の休業。約5か月間の時を経て復活した。
 「それまで細身のイメージがあった岡村でしたが、太って帰ってきたことで、『めちゃイケ』でイジられていましたね。また、番組で何でも器用にこなしていた岡村でしたが、休業を機に『ポンコツ』と揶揄されるように。こうして、岡村が“人間らしさ”を出し始め、さらにナイナイは進化しました。そして、2020年に今回の一件。現在は下ネタを封じ、新しい形を模索中です。以前はなかった矢部のトークの時間があったり、これまでコーナーでは、頑なにハガキでしか受け付けていなかったものの、メールでも募集するようになったり、徐々にアップデートしていますね」(同上)

 10年周期に運命を左右する出来事が起こっているナイナイ。これからの10年、彼らがどう活躍していくのか。ナインティナインの今後に期待したい。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ