search
とじる
トップ > レジャー > 「出会い頭馬券で勝負」七夕賞  藤川京子の今日この頃

「出会い頭馬券で勝負」七夕賞  藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 稍重の七夕賞は荒れる傾向があるように思えます。天気予報でも雨なので道悪馬場になりそう。12年の稍重は端を切った馬が3着に残って荒れましたが、前に行く馬を中心にと言うわけに行かないのが、昨年の稍重のレース。逆に前と中団と後方の馬がバランス良く馬券に絡んでいました。寧ろ、前走が二桁着順の馬を本命にした方が当たりそうに見える過去10年のデータです。今年で言えば、アウトライアーズとエアウィンザーと言う事になります。穴を開ける傾向としては、実績はあるのですが、最近は調子が悪く評価を落としていた馬が絡んでいるようです。それを考えると、この前走二桁着順に当てはまります。

 特にエアウィンザーは、今までに穴を開けてきた馬達の傾向にそっくりです。でも、他の馬達にも似たような傾向の馬が多く揃っています。こんな時は、持ち時計より傾向で判断した方が良いと思います。思い切った買い方か、ギリギリまで絞って、外れても傷が深くならないような買い方のどちらかにした方が良いと思います。見渡す限りだと、どの馬が馬券に絡んでも不思議ではないメンバーですから、当たり外れの前に、予想するだけでも悩ましいメンバーです。

 それでも僅かな傾向として当てはまりそうなのは、4走前に新潟記念2着の実績のあるジナンボー。大阪杯は6着ですがGIなので、このレースなら十分すぎる前走の成績です。それと折角の七夕賞ですから、牝馬を見ると、リュヌルージュとまさかのパッシングスルー。前走をダートで走って来た馬も馬券に絡んだ事があります。勿論、福島だけは、何故か好成績なんていう馬もいて、福島4戦で負け無しのヴァンケドミンゴと4戦して全部馬券に絡んでいるクレッシェンドラヴ。それと調子良さならヒンドゥタイムズで、福島の経験はありませんが9戦して8戦が馬券に絡みました。

 普段は馬の特徴に合わせて偏った組み合わせですが、今回は1度組んだ馬券をバランスを持たせてる為にタテ目にして、勝負です。

ワイドBOX 6ジナンボー、8アウトライアーズ、12ヴァンケドミンゴ、
ワイドBOX 15リュヌルージュ、7エアウィンザー、12ヴァンケドミンゴ、
ワイドBOX 11ヒンドゥタイムズ、2ウインイクシード、3クレッシェンドラヴ

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ