search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション【7/12阪神】

ハッシーの中央競馬新馬セレクション【7/12阪神】

【今週デビューの注目馬】
☆レッドソルダード
 2020年7月12日(日)阪神第6Rダート1400m戦に出走予定のレッドソルダード。馬名の由来は「冠名+戦士(西)」。牡、黒鹿毛、2018年5月2日生。栗東・須貝尚介厩舎。父マジェスティックウォリアー、母レッドソンブレロ、母父キングカメハメハ。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は東京ホースレーシング。愛馬会法人・東京サラブレッドクラブの募集馬で総額1800万円。本馬は母系を辿るとスカーレットインクの名があるスカーレット一族。祖母はスカーレットレディで、伯父にはダートGI(JpnI含む)9勝を挙げたヴァーミリアン(エルコンドルパサー)や、ダート重賞4勝を挙げたサカラート(父アフリート)、10年シリウスS(GIII)の勝ち馬キングスエンブレム(父ウォーエンブレム)、ダート重賞3勝のソリタリーキング(父キングカメハメハ)など重賞勝ち馬が多数。本馬はパワフルでダート向きの走りをしており、血統的にもダートでこそと思わせるが、馬体はゴリゴリのダート馬といった造りではなく、手先の軽さがあり芝でもやれる可能性十分。胴には程よい長さがあり、距離は2000mあたりまでこなせそうだ。なお、鞍上は川田将雅騎手。

☆ヨーホーレイク
 2020年7月12日(日)阪神第5R芝1800m戦に出走予定のヨーホーレイク。馬名の由来は「カナディアンロッキーの湖」。牡、鹿毛、2018年3月19日生。栗東・友道康夫厩舎。父ディープインパクト、母クロウキャニオン、母父フレンチデピュティ。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は金子真人ホールディングス。半兄にはダートで5勝を挙げたキラウエア(父キングカメハメハ)や、全兄には11年レパードS(GIII)を勝ったボレアス、13年弥生賞(GII)を勝ったカミノタサハラがいる。本馬は500㎏前後の大型馬だが、動きには柔らかさがあり、スピード感あふれる走りをしている。胸前が深く心肺機能も高そうで、最終追い切りでは6F81秒台と抜群の動きを見せており、素質の高さが窺える。なお、鞍上は武豊騎手。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ