search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 劇場公演、生配信中止で若手芸人の廃業増える? ジャルジャルは「リモート漫才」、広がる独自の活動

劇場公演、生配信中止で若手芸人の廃業増える? ジャルジャルは「リモート漫才」、広がる独自の活動

pic pic

ジャルジャル・後藤淳平、福徳秀介

 新型コロナウイルスの影響で、吉本興業の劇場公演が中止に。全国の劇場で無観客生配信で対応してきたが、このたびの非常事態宣言を受けて生配信中止が発表された。そのため、舞台で稼いだ金で生活をしてきた芸人が、路頭に迷う形になっているという。

 一部の芸人は劇場の活動以外にも、各々がYouTubeチャンネルを開設。人気のある芸人は、YouTubeで生活費の一部を稼いでいる。しかし、ここに来て撮影も自粛。毎日動画をアップしてきたチャンネルも、途切れてしまう形となった。

 濃厚接触を避け、世間がリモートワーク業務に変わりつつあるが、芸人にも新たな動きが起きている。若手トリオ・ジェラードンは、コラボ配信機能を使って、各自宅からクロストークを展開。その様子をYouTubeにアップするという方法で、活路を見出した。また、YouTubeでネタを量産し、累計再生回数が3億回を突破しているジャルジャルは『リモート漫才するヤツ』と題して、それぞれの自宅から中継を結び、ライブ配信を開始。トークをする中で、『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)でも披露して話題となった漫才『国名分けっこ』『ピンポンパンゲーム』を見せて、視聴者を喜ばせた。

 こうした創意工夫でファンを喜ばせる一方、各自宅から中継ともなると、電波の状況などでうまく配信ができないことも多々あることも判明。中継では、出来ることも限られてくるため、トーク以外の企画は、頭打ちになる可能性が高いことが予想される。

 「通常の劇場出番がなくなり、劇場生配信の中止、YouTubeの撮影も中止となると、芸人が金を稼ぐ方法が限られてしまいます。一部の芸人はアルバイトを増やしているようですが、こうした仕事がない状態が続くと、廃業する人も増えるかもしれませんね」(同上)

 世間はもちろん、芸人界にも大打撃となった新型コロナウイルスの猛威。若き才能を潰さないためにも、このまま収束することを願うばかりだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ