search
とじる
トップ > スポーツ > ノア、タッグリーグ出場チーム発表!丸藤&望月ら8組が参加

ノア、タッグリーグ出場チーム発表!丸藤&望月ら8組が参加

pic pic

望月成晃、丸藤正道

 プロレスリング・ノアは、大阪・エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第2競技場で4月4日に開幕する『グローバル・タッグリーグ2020』の出場チームを発表した。今年は8チームが参加し、A、Bの2ブロックに分けて4チームずつが総当たりリーグ戦を繰り広げ、上位2チームが決勝に進み、4月18日の東京・後楽園ホール大会で優勝チームを決定する。

今年の出場チームは次の通り。

▼Aブロック
丸藤正道&望月成晃(初)
清宮海斗&谷口周平(初)
拳王&マサ北宮(初)
レネ・デュプリ&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr. (初)

▼Bブロック
潮崎豪&中嶋勝彦(2)
杉浦貴&関根シュレック秀樹(初)
齋藤彰俊&井上雅央(3)
関本大介&稲村愛輝(初)

 8チーム中、6チームが初出場となる。Aブロックは、GHCタッグチャンピオンチームの丸藤正道&望月成晃を始め、全チームが初出場。昨年は杉浦貴&KAZMA SAKAMOTOが優勝しているが、今回杉浦は関根とのタッグでBブロックにエントリーした。また、Bブロックは、タッグ王座陥落後、シングルプレイヤーとして潮崎はノアの、中嶋はW-1のチャンピオンになり、存在感を増しており、AXIZとして初優勝を果たし、再びタッグ王座に挑戦したいところ。

 彰俊&雅央は地味ながらも3年連続の出場。このチームがかき回せば、Bブロックは混沌とする可能性が高いだけに期待したい。
(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ