search
とじる
トップ > 芸能ニュース > テレビ紹介のクレープ店、放送前からトラブルで炎上? 店側は苦情投稿者に来店要請、ネットでは嫌がらせ続く

テレビ紹介のクレープ店、放送前からトラブルで炎上? 店側は苦情投稿者に来店要請、ネットでは嫌がらせ続く

pic pic

画像はイメージです

 28日放送のトークバラエティ番組で紹介された、あるクレープ店のトラブルがネット上で炎上している。

 問題となっているのは、放送前の27日に、あるツイッターユーザーが投稿したツイート。そのツイッターユーザーは、クレープ店のレビューサイトのリンクを張り、掲載されているクレープの写真がまずそうに見えるなどとネガティブな評価をしていた。

 これに対し、同店のツイッターアカウントが反応し、リプライを送る形で、見た目と味は必ずしも結び付くものではないと反論。ツイートの削除を依頼していた。投稿したツイッターユーザーはすぐに投稿を削除した上で謝罪したものの、クレープ店は来店を促しつつ、予約にはツイッターのアカウント名を明記するように指示。さらに、来ない場合は直接の謝罪を求め、クレープ店ツイッターの運用者が投稿者の自宅まで行くことを示唆したり、アカウントをクレープ店のインスタグラムにアップする可能性を記していた。

 その後、投稿者は改めて謝罪していたものの、クレープ店が番組で紹介されると、このトラブルが一気にネット上で拡散。さらに、レビューサイト上に、キャンセルした際のキャンセル料が支払われなかった場合、自宅まで徴収に行くことや、「探偵業者料」として別に9万円払うこと、男性のみの利用ができないことなども明らかになり、ツイッターアカウントやグーグルレビューなどが荒らされる事態に。また、クレープ店でアニメのイラストを描いたアニバーサリープレートを多くアップしていたことから、「著作権違反」の指摘も上がっている。

 とは言え、一時グーグル上で、お店の分類がいたずらで「公衆トイレ」にされるなど一部ネットユーザーから嫌がらせも受けており、「攻撃するのは違うと思う」「なんでこんなひどいことするんだろう」といった同情の声も集まっている。

 果たして、トラブルは無事収束するのだろうか――。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ