search
とじる
トップ > 芸能ニュース > FUJIWARA藤本、離婚して甦った芸人たちに続くことができるか? 正念場の2020年

FUJIWARA藤本、離婚して甦った芸人たちに続くことができるか? 正念場の2020年

pic pic

FUJIWARA・藤本敏史

 FUJIWARA・藤本敏史が、タレントの木下優樹菜と昨年12月31日に離婚したことを発表。現在、木下はいわゆる「タピオカ騒動」で芸能活動を自粛中であり、藤本の離婚イジリが過熱する形となった。

 1日に放送された『爆笑ヒットパレード』(フジテレビ系)では、「きょう何見ても笑えないと思います」、「チョリ~ッス!」、「(チョリ~ッスは)財産分与でもらった」など、離婚ネタ&元嫁ネタで返すことで爆笑をかっさらった。これらは、離婚発表直後の応急処置かと思われたが、正月明けに収録されたと思われる番組でも「チョリ~ッス!」を連発。しばらくは、同ネタで話題を引っ張ると思われる。

 「藤本もプロの芸人ですから、離婚でイジられることは分かっていたはず。しっかり手土産を持って対応したことで、テレビマンや芸人からも好評を得ているようです」(テレビ誌ライター)

 実は、離婚&元嫁ネタで息を吹き返した芸人は多い。明石家さんまは、女優の大竹しのぶと結婚してから、「つまらなくなった」と揶揄されていた時期がある。しかし、離婚してからは、トークで大竹とのエピソードに触れ、爆笑をかっさらった。離婚して数十年経つが、大竹絡みのトークは鉄板ネタとなっており、たびたび語られている。

 また、同じく女優の藤原紀香と結婚した陣内智則は、自身の浮気が原因で離婚。世間から猛バッシングを受ける形に。それまで関西で朝の情報番組『なるトモ!』(読売テレビ)で主婦層のハートをがっちりキャッチし、「陣サマ」と呼ばれていたが、好感度は急降下。関東でブレイクし始めていた時だっただけに、大きな傷を負う形となった。しかし、『ロンドンハーツ』や『アメトーーク!』(共にテレビ朝日系)など、バラエティーで芸人からイジられることが多くなり、そのたび、陣内は「めちゃめちゃ浮気したんや!」と対応してきた。徐々に視聴者の信頼を勝ち取っていき、現在は問題なく芸人活動を続けている。

 「さんま・陣内はもちろん、東国原英夫とかとうかず子や、井戸田潤と安達祐実など、嫁をネタにするも、どれも相手の好感度を落とすことはありませんでした。そこに笑いがしっかりあったからです。相手がどう思っているかは別ですがね(笑)」(同上)

 藤本は、離婚した過去を持つ先輩&後輩芸人の後に続くことができるか? これからの活躍が楽しみだ。


関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ