search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ビートたけし、紅白の目玉候補に? コント番組挑戦に上機嫌で急浮上

ビートたけし、紅白の目玉候補に? コント番組挑戦に上機嫌で急浮上

pic pic

ビートたけし

 タレント・ビートたけし(71)が、11月3日放送のNHKのスペシャル番組「コントの日」で、同局でのコント番組に初挑戦する。

 各スポーツ紙によると、たけしは、「コントは文化である」という思いから、11月3日の文化の日を「コントの日」として、架空の「日本コント協会」を創立し、会長に就任。会員として、劇団ひとり、渡辺直美、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」、「ロッチ」、お笑いトリオ「東京03」らが参加。番組内では、2時間半で20本以上の新作オリジナルコントを披露するという。

 収録を終えたたけしは、「毎年『コントの日』をやって、『紅白歌合戦』のようなイベントになってほしい。芸人たちが、番組に出られることが一つのステータスになるような地盤を我々が作れたら名誉なこと」と、番組の継続に意欲をのぞかせたというのだ。

 「たけしは来年の大河ドラマ『いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』に落語の神様・古今亭志ん生役で出演することが決定。その縁もあってNHKがオファーしたところ、たけしが受けてくれたようです。大御所のたけしだけに、NHKもほとんど“縛り”をかけずにやらせたところ、たけしは上機嫌だったとか」(テレビ局関係者)

 たけしと良好な関係を築くことができたNHKだが、そこで浮上しているのが大晦日の紅白歌合戦への出演話だというのだ。

 「紅白の担当部長がセクハラ行為で異動してしまったため、今年は目玉級のアーティストを出演させるのが難しそう。たけしは2000年と01年に自身が名付け親でもある氷川きよしの応援で出演しています。今年も氷川は当確ですが、氷川の応援という枠を超えて大暴れしたらそれなりに盛り上がりそうです」(芸能記者)

 いずれにせよ、今後、ますますたけしはNHKとの関係を深めそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ