search
とじる
トップ > 芸能ニュース > どこか怪しげなモデル・水原希子の“厚い唇”がたまらなくセクシー

どこか怪しげなモデル・水原希子の“厚い唇”がたまらなくセクシー

 ハーフタレント全盛のなか、怪しげな雰囲気でモデル、女優としてランクアップしているのが水原希子(23)だ。最近では資生堂のCMでおなじみだ。

 水原は父親が米国人で、その関係で90年10月15日、米テキサス州ダラスで出生。1歳の時に兵庫県神戸市に移住している。モデルの水原佑果は実妹。所属事務所エイジアクロスの公式プロフィールによると、身長168センチ、3サイズはB75、W60、H85で、バストは少々小ぶりだ。

 03年、ファッション雑誌「Seventeen」のオーディションで、ミスセブンティーンに選ばれた水原は、3年間専属モデルとして活動したが、未成年での飲酒・喫煙が発覚し、専属契約を切られる苦い過去がある。その後、一時芸能活動を休止していたが、07年から「ViVi」に専属モデルとして登場するようになり、10年からは「MAQUIA」の専属モデルとなる。

 そして、10年12月公開の映画「ノルウェイの森」(松山ケンイチ主演)で女優デビュー。その後、「ヘルタースケルター」(沢尻エリカ主演)、「プラチナデータ」(二宮和也主演)などに出演。13年にはNHK大河ドラマ「八重の桜」(綾瀬はるか主演)で、若き日に米国に留学した捨松役で、西洋風の貴婦人の役柄で好演。今年1月期の連ドラ「失恋ショコラティエ」(フジテレビ/松本潤主演)にも出演し、女優としての活動も軌道に乗っている。

 タレントウォッチャーのA氏は「水原は正直、すごく美人というイメージではありませんが、ちょっと日本人離れした、どこか怪しげな雰囲気が魅力です。現在、オンエアされている資生堂のCMでは唇が強調されていますが、『あの厚い唇にチューいたい』という願望にかられて、たまらなくセクシーという男性が多いようです」と語る。

 今後も独特な雰囲気で、売れっ子になりそうな水原に魅了される男性はどんどん増えそうだ。
(坂本太郎)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ