SMAP謝罪会見に疑念噴出 「本当に本人たちの意向だったのか?」

アイドル 2016年01月20日 12時45分

 18日、フジテレビ「SMAP×SMAP」で放送されたSMAPメンバーたちの生謝罪会見。メンバーひとりずつ謝罪し、現在の心境を語った。芸能界、ファン、世間一般人からも大きな注目を浴びた会見だが、一つの疑念が浮かび上がっている。

 それは、「本当に本人たちの意向だったのか?」ということ。

 まず18日、ジャニーズ事務所はマスコミ各社にSMAPメンバーが「SMAP×SMAP」で生会見を行うことをFAXで伝えた。その際に、「5人のメンバーの口から直接、現在の心境を語らせていただくことが、せめてもの誠意を尽くせることを考え」と説明。唯一の全国放送で長年レギュラーを務めているということで、同番組での会見となった。そして、この会見内容に関して、「本人たちの意向での中継」と補足した。

 番組では、木村拓哉、稲垣吾郎、香取慎吾、中居正広、草なぎ剛、そして最後に再び木村がコメントし、謝罪会見は終了した。その中で印象的だったのが、メンバーの憔悴しきった様子やこわばった表情。また、メンバーが語った言葉だった。いつもとは違う彼らに違和感を感じた視聴者も多く、ネット上では「言わされてる感満載」「本人たちの言葉じゃない」「自分たちの言葉なのか?」「無理矢理やらされた謝罪」などの疑念が噴出。

 一夜明け、会見の全貌が徐々に明らかになっていく。19日、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」では、SMAPの生会見前の未公開映像が放送された。会見では、左から中居、草なぎ、木村、稲垣、香取という順番に立ち並び、木村がセンターというポジションだったが、実は番組スタッフが立ち位置を指示していたことがわかった。

 そして、草なぎが語った「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれた」という言葉は、本来ならば中居が言うはずだったが、中居が難色を示し拒否したということを、一部メディアが報じている。

 「立ち位置は指示され、本人たちが語った内容も一部操作されていたことが、徐々に明らかになっている。SMAPが語った言葉は、本当に本人たちが考えたものだったか。具体的に『解散しません』『グループ存続』という言葉は使われておらず、非常に抽象的だった。特に中居はメンバーの中で一番口数が少なく、本来ならばリーダーの中居が一番多く語るべき。本人たちの意向で中継とありましたが、本当に本人たちは今のタイミングで会見をしたかったのか、疑問がありますね」(芸能記者)

 さまざまな憶測が飛んでいるSMAPの解散騒動。彼らの声をもっと聞いてみたいものだ。

ピックアップ
アイドル新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る