search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 板東英二 “所得隠し”騒動を乗り越え就活に励む「本当の事をわかってくれてる人達が、やっぱり居てくれました」

板東英二 “所得隠し”騒動を乗り越え就活に励む「本当の事をわかってくれてる人達が、やっぱり居てくれました」

 2014年2月に本格的に芸能活動を再開したタレントの板東英二が2日、ブログを更新した。

 「今日も、就活です。昨日は、三重テレビ、今日はサンテレビ、ラジオ関西と神戸にきました。各局、涙が出るほど温かくお迎えしてくれ、応援してくれ、本当の事をわかってくれてる人達が、やっぱり居てくれました。神戸駅前のスナップです」とコメント。

 2012年末、板東が所属していた事務所は、名古屋国税局から7500万円の申告漏れを指摘され、架空外注費5000万円の所得隠しが発覚。同事務所は事実を認めた。2013年2月には、冠番組「そこが知りたい 特捜! 板東リサーチ」(CBCテレビ)などが打ち切られ、長年レギュラーを務めていたTBS「世界ふしぎ発見!」も降板。レギュラー番組はゼロとなり、芸能活動を一時休止した。

 同年11月に記者会見を開き、板東は「タレント生活を20年近く、ずっと植毛をやってまいりました。カツラは経費で落ちると聞いていたのが、(植毛は)美容整形と同じ(で経費で落ちないこと)と初めて知った」と釈明した。その後、明石家さんまの後押しにより、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。2014年2月にはSKE48のコンサートにゲスト出演。そして復帰後、「さんまのまんま」(関西テレビ)で初めて地上派番組に出演し、本格的に芸能界復帰となった。

 現在は、関西圏を中心にラジオ番組に出演する機会も増えている。かつての人気を取り戻すべく、板東は日々、就活に励んでいるようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ