search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “出直し”のドラマもふるわなかった織田裕二

“出直し”のドラマもふるわなかった織田裕二

 俳優の織田裕二が日本テレビで初のドラマ主演作となったスペシャルドラマ「奇跡の教室〜その時、仏が舞い降りた!」が6月28日に放送された。織田演じる主人公が、借金返済のため僧侶からカリスマ予備校講師を目指す同作だが、織田はド派手なスーツ姿を披露したり、滝行シーンに挑んだりとなんとかこれまでの“殻”を破ろうという必死さが視聴者に伝わったと思われるが、あまりドラマの評判は良くなかったようだ。

 「織田だけでは話題性が足りないと思ったのか、元フィギュア五輪代表の安藤美姫や人気急上昇中の同局の水ト麻美アナを出演させたが、まず、通っていたキャバクラ嬢の借金の連帯保証人で返済を迫られるという設定が無茶苦茶で、展開が早すぎた。竹中直人、横山めぐみらが演じたカリスマ講師たちはなかなかいい味を出していたが、織田がかすむほど。後半は徐々にいい話しになってきたが、全体的に脚本がスカスカ」(テレビ誌記者)

 実際、ネットユーザーの間では「こんだけ主役から脇から固めて伏線張っておきながら全てメチャクチャにする脚本もある意味めずらしい」、「ストーリーバランスおかしすぎる。主人公の力量が最後まで不明」など辛辣な声があがっていたが、織田にとって“出直し”のはずが、かなり不本意なドラマになってしまったようだ。

 「織田といえば、これまで演出に口を挟むにとどまらず、台本にまで手を入れることで知られていたが、フジテレビではそれをやり過ぎて、おまけに視聴率も取れなくなり、日テレのオファーを受けた。そのため、今回は演じることに専念したようだが、微妙な視聴率。日テレで次回作をやるようなら、またあれこれ織田が口を挟むのでは、と戦々恐々」(日テレ関係者)

 民放の次回作がどこの局になるかが気になるところだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ