search
とじる
トップ > スポーツ > 中村俊輔 “茸ヘア”の秘密

中村俊輔 “茸ヘア”の秘密

 サッカー岡田ジャパン不動のエースで日本屈指のファンタジスタ中村俊輔。今季はスコットランドリーグのセルティックから、スペインリーグのエスパニョーラに移籍して注目を集めているが、そんな2010年南アフリカW杯の日本を背負って立つ天才レフティーには、あまりにも不名誉な異名がある。

 それが「茸」(きのこ)だ。ゆえんはその髪形で、マッシュルームのようなヘアスタイルをしているから。高校時代からプロ入りしても続けていた。ただ、いままで「茸」呼ばわりされてきたのは、あくまでネット掲示板に限られたことだった。

 しかし、トルシエ時代に監督から「ナカムラは髪ばかり気にしている」とそのヘアスタイルを茶化されてしまった。その後「茸」はネットのみならず、側近の中でも密かなあだ名になってしまった。
 茸というとハッキリ言ってダサいイメージ。だが、あの“茸ヘア”には“ダサ良い話”もある。「茸の原点は高校時代。高校サッカーの強豪、桐光時代に校則で頭髪検査が厳しく、練習にあけくれていた俊輔は髪を切る時間などなかった。なので先生に切ってもらっていたそうで、それが茸のルーツらしい」(前出記者)
 不名誉な異名もなんのその。日本が誇る天才レフティーは、きょうも世界最高峰リーグとも称されるスペインのピッチで“茸ヘア”をなびかせ、躍動している。その活躍と共に“茸”の名前が上がる?

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ