search
とじる
トップ > 芸能ネタ > V6井ノ原の2年前の提案が今になって実現 SNSで話題の「ひよこボタン」とは

V6井ノ原の2年前の提案が今になって実現 SNSで話題の「ひよこボタン」とは

pic pic

画像はイメージです

 V6の井ノ原快彦が2年以上前に提案したアプリ「ひよこボタン」が、今、話題になっている。このアプリは2016年10月に放送された情報番組『あさイチ』(NHK総合)での井ノ原の発言から開発されたもの。番組では、公共の場の赤ちゃんの泣き声について取り上げたのだが、その際、井ノ原が「電車内などにピヨピヨと音がする『ひよこボタン』を設置し、子供が泣いたら周りのみんなでそのボタンを押して、『大丈夫だよ』と伝えられるようにすればいい」と提案。それを受け、個人の開発者などがアプリを開発し、App StoreやGoogle Playで公開されることとなったのだ。

 しかし、そんな前の話が今になってなぜ話題を集めているのかというと、とあるTwitterユーザーが電車内で泣きやまない赤ちゃんを見た際、ひよこボタンを使ったことを報告し、「周囲が笑ってくれた。俺が注意を引けたなら本望だ」とツイートしたからだ。これが瞬く間に広がり、トレンドワード入りも果たした。

 こういった状況を受け、早速ダウンロードした人からは「素晴らしいアプリ」「育児に頑張るお母さんお父さん、見守ります」という声が。さらに、「赤ちゃんが電車で泣いちゃう時、迷惑ではないのに何も声をかけることが出来ないのが辛いと思ってた」と何か行動に移したいと思っていた人もいたようで、さらなるアプリの認知を呼び掛けている人も多かった。

 「ひよこボタンは井ノ原さんが提案したという点も今回話題になったポイントの一つだと思いますが、井ノ原さんの子煩悩な性格も話題を後押しした理由でしょう。女優の瀬戸朝香さんと結婚し、現在は2児の父ですが、『子育てにかかわることで、パパもきっと豊かな時間が過ごせると思う』『子育ては大変だからたやすくママに“頑張って”とは言えない』と語るなど、いい父親であり夫であるようですね。家では料理もしますし、学校の行事にはできるだけ参加する。あさイチ後に長男の入学式にかけつけたこともありました」(芸能記者)

 あさイチを卒業した理由の一つに、家族との時間をもっと大切にしたいという想いがあったそうだが、子育ての大変さを分かっているだけに、井ノ原も今回、アプリが話題になっていることを喜んでいるだろう。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ