search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 夫がピンチに陥った小池栄子

夫がピンチに陥った小池栄子

 所属事務所「イエローキャブ」の経営危機がささやかれている女優の小池栄子だが、岐阜市の遊技場経営会社から5700万円を借りていた小池の夫で格闘家の坂田に対する請求権を差し押さえた国税局が、返還に応じない坂田に支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、請求を認めた。

 判決によると、坂田は05年に親交があったこの同社社長から、料理店の開業資金として借り入れたが、その後、同社は法人税などを滞納。そのため、名古屋国税局が08年、坂田への請求権を差し押さえた。

 坂田は「自分たちの知名度を社長が利用して芸能関係にアクセスしようとしたことへの対価で、貸借関係は存在しない」と訴えていたが、坂田が「返済計画を立てて直ちに返済する」と約束する書面に署名・指印をしていることから坂田の主張を退けた判決が下された。

 「坂田がその社長から借りてオープンさせた都内の飲食店はすでに閉店。おまけに、最近はリングを離れているので、小池が肩代わりでもしなければ支払いはかなり厳しいはず。小池は坂田のために徹底的に尽くしているので、今回の件で夫婦仲がどうこうということはないだろう」(芸能記者)

 07年8月の結婚以来、夫が最大のピンチに陥った小池だが、自らの芸能活動も順調とはいえないようだ。

 「今や佐藤江梨子とともに事務所の看板だが、2人の金でしか事務所の経営が回らないことに嫌気が差し、移籍先を探しているようだ。とはいえ、移籍でトラブルに発展してしまえば、仕事も減るだろうから、夫の肩代わりとはいかなくなるだろう」(同)

 夫のピンチもそうだが、小池は何かと“悩みの種”が多いようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ