search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 二階堂ふみ、涙で「ぐるナイ」を卒業…大河ドラマを見据えて?

二階堂ふみ、涙で「ぐるナイ」を卒業…大河ドラマを見据えて?

 23日、「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)が放送され、人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」のレギュラーを務める二階堂ふみが突然の卒業を発表した。

 この日、ゴチバトルの舞台となったのは、東京・六本木にある肉料理店。3万5000円の設定金額が設けられたが、二階堂は見事3万5100円のニアピン賞を獲得し1位に輝いた。

 が、祝福ムードも一変。ビリが発表される前の番組終盤で「私、二階堂ふみは、このゴチレースをもちまして卒業させて頂きます」と神妙な表情で語り出したのだ。

 これにはナイナイの矢部浩之も「受け止められへん」と困惑ぎみ。しかし、二階堂は「(ゴチメンバーとなって)幸せな2年間だったのですが、役者として色々勉強していかなきゃという気持ちもあり、お芝居の方に集中させて頂けたらなと思いまして。中途半端な感じになってしまい、申し訳ありません」と涙を流した。

 二階堂といえば、デビュー以降、映画を中心に活躍し、演技派女優として知られている。16歳のときに出演した映画「ヒミズ」では、ヴェネツィア国際映画祭で見事に最優秀新人俳優賞を受賞。演技には、のめり込んでいくタイプで、「私がその役に体を貸しているだけで、役のキャラクターが私の体や声を使っている」と独特な表現で演技論を語ったこともある。

 「二階堂さんは、バラエティでも活きる女優ではありました。しかし、バラエティのイメージが強すぎると、今度は演技の世界で必要とされなくなる。もう十分すぎるほど知名度も得たし、事務所としては、今後は“女優”というカテゴリーにしっかり入れ、その中で育てていくつもりなのでしょう」(芸能関係者)

 二階堂の今回の卒業に対しては、2018年1月から放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演することが影響されたとの声もある。大河ドラマの撮影はタイトで約1年間丸々を要するのだ。

 それに、大河ドラマは女優としても箔がつく。その「お芝居に集中」させるためにも、バラエティは卒業せざるを得なかったのだろう。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ