search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “大人まる子”吉岡里帆、編集者に! 花輪君はあのイケメン俳優

“大人まる子”吉岡里帆、編集者に! 花輪君はあのイケメン俳優

pic pic

吉岡里帆

 女優の吉岡里帆が、6月30日、MARK IS みなとみらいで開催されたダイハツ新型「ミラ トコット」プレゼンツ〜『おとなまる子のチルライフ』展トークショーイベントに登場。今回の仕事について「ご褒美です」と喜んだ。

 6月25日に発売されたばかりの軽乗用車「ミラ トコット」のCMに出演中の吉岡。「もし、まる子が22歳(社会人1年目)に成長してクルマの免許を取ったら?」という設定のもと、吉岡は“大人まる子”を演じている。

 コマーシャルでも着用している“大人まる子”の衣装で登場した吉岡は「(アニメを)毎週観ていましたし、原作漫画も読んでいました」と述懐。今回出演の依頼が来た際には「嬉しすぎて、“いいのかな?”って。ご褒美みたいなお仕事です」と振り返った。また、自身の子どもの頃について「自然が多いところで育ったので、友だちと外でよく遊ぶ元気なおてんば娘でした」と紹介。MCから今の“柔らかい”イメージと違うと問われると「ありがとうございます」と謙遜しつつ、「木登りやザリガニ釣りをしていました」と明かした。

 “大人まる子”は、静岡県にある出版社で編集者として働きながら、漫画家を目指しているという設定。演じるうえで気をつけたことについて「“子どもまるちゃん”がすごくコミカルなので、大人になっても元気の良さを意識して演じました」と回顧した。同CMには、たまちゃんを若手女優の奈緒が、花輪くんを竜星涼が演じている。竜星について吉岡は「キャラクターがそのまま大人になり、そして“よりカッコ良くなった花輪くんだな”って思いました」と語った。

 ほか、地元で普通自動車免許を取得したと言い、「小さいクルマで運転を楽しんでいた」と明かす一幕も。同車へ試乗した際には、「優しくて安心して乗れました」と魅力をアピール。最後に「最近クルマに乗り始めた方など、いろいろな方に乗ってほしいと思います。私も、“大人まる子”として皆さんとお会いできるように頑張ります」と挨拶していた。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ