search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 清水アキラのドッキリがリアルで怖すぎると話題 Mr.シャチホコとチョコプラに同情の声

清水アキラのドッキリがリアルで怖すぎると話題 Mr.シャチホコとチョコプラに同情の声

pic pic

チョコレートプラネット・長田庄平、松尾駿

 12月26日放送の『人気芸能人にイタズラ!仰天ハプニング130連発』(フジテレビ系)の清水アキラが仕掛けたドッキリが怖すぎると話題だ。

 この日の放送では、先輩芸人からの無茶振りを受けたらどうなるかを検証する企画で、笑福亭笑瓶が三四郎の小宮浩信とアルコ&ピースの平子祐希に自身のギャグをやらせて金を取るドッキリなどが放送された。

 ものまね芸人の清水アキラがターゲットにしたのは、Mr.シャチホコと、チョコプラことチョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)であった。シャチホコは和田アキ子、チョコプラも和泉元彌とIKKOなどをラインナップに持つものまね芸人である。

 シャチホコはレジェンドたる先輩を前にして一切言葉を紡げない。清水からネタに関して、「この間と同じと思われてしまうものじゃダメ」と強気に言われ萎縮してしまう。実質的にアッコネタ一本のシャチホコには、かなりコタえる言葉だろう。

 続けて、清水から「親戚のおじさんとか、学校の先生のモノマネとかは?」と無茶ぶりをされるも何も返せない。これには、ネット上で「シャチホコってアドリブ弱いのは知っていたけど、ここまでかよ」「これは清水の公開パワハラじゃん」といった声が聞かれた。途中から、清水は明るいキャラに変えるも時すでに遅し。シャチホコは最後まで心を開かずそのまま終わってしまった。清水から「本当はこんな人だと思っちゃった?」と問われると、シャチホコは「思いました」と、後輩からかなり怖く見えたと話していた。

 また、チョコプラに対し清水は、和泉元彌やIKKOの定番ネタを次々と変えていく。さらに、コスプレ姿の二人に「TT兄弟」ネタを振るならまだしも、「Qに変えて」と「QQ兄弟」が登場した。それでも、「自分たちのネタをもっと大切にしなきゃ」と矛盾めいた話も出ていた。ネット上では「これ何だか笑えないな」「本当にこういうことやってそうってイメージが先行する」「むしろ清水がドッキリ仕掛けられて本性ばらされているようにも思える」といった声が聞かれた。

 ターゲット芸人のリアクションよりも、清水の怖さが悪い意味で目立ってしまった放送と言えそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ