search
とじる
トップ > レジャー > 第71回オークス、桜花賞馬アパパネとサンテミリオンが同着で優勝

第71回オークス、桜花賞馬アパパネとサンテミリオンが同着で優勝

 牝馬3冠の第二弾「第71回オークス」(GI・芝2400メートル、18頭)は、桜花賞馬アパパネ(蛯名騎手)と、サンテミリオン(横山典騎手)の両馬が直線、手に汗握る攻防を展開。2頭は相譲らず鼻面を揃えてゴールに飛び込み、長〜い写真判定に持ち込まれた結果、オークス(GI)史上初の1着同着となった。2分29秒9。

 アパパネは史上12頭目の牝馬2冠を達成。3着は2馬身差で、8番人気の伏兵アグネスワルツ(柴田善騎手)が2番手を進み粘った。人気を分けたショウリュウムーン(内田騎手)は17着と惨敗。

 単勝(17)210円(18)380円
 複勝(17)180円(18)270円(2)450円
 ワイド(17)(18)900円(2)(17)2,020円(2)(18)2,020円
 枠連(8)(8)1,750円
 馬連(17)(18)1,870円
 馬単(17)(18)1,520円(18)(17)2,020円
 3連複(2)(17)(18)1万180円
 3連単(17)(18)(2)2万460円(18)(17)(2)2万4,290円

*レース結果については、必ずJRA公式発表でご確認ください。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


レジャー→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ