search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 【沖縄国際映画祭】ピース又吉直樹の初主演映画「ひ孫の発表会のつもりで見ていただければ…」

【沖縄国際映画祭】ピース又吉直樹の初主演映画「ひ孫の発表会のつもりで見ていただければ…」

 沖縄国際映画祭の長編プログラムLaugh部門で映画『タバコイ』が25日、公式上映され、舞台挨拶に中川通成監督、同映画で初主演をつとめたピースの又吉直樹、女優の遠藤久美子、品川庄司の庄司智春が参加した。

 24日から開催されている同映画祭。レッドカーペットを歩いた感想を聞かれた又吉は、「庄司さ〜んって声を掛ける人は一人もいなかったです。庄司さんを見て、ミキティ〜と叫ぶ状態でした。僕も若い20歳前後の男の人に呼ばれまして、ムービーを撮られて、“又吉さん、ミキティ〜って叫んでください”と言われました。いちよ、せっかくなんで、忠実に庄司さんのやり方を真似てやりました」と語った。一方、庄司は、「なんとこの映画祭を通じて、ピース又吉が人に手を振れるようになりました。みなさんが純粋な気持ちで又吉に手を振り続けたおかげです。ほんと成長ですよ! こういう後輩の成長を見れるのが沖縄国際映画祭じゃないのかなと僕は思っています」と同映画祭をPRした。

 また、本編の中ではベッドシーンもあることについて話題を振られた又吉は、「そうなんですよ。ベッドシーンがありまして…」と照れると、庄司が、「ナイスベッドシーンでしたよ」と後輩を絶賛。ただ、又吉は自分の演技については不安なようで、最後に「僕に関しては、ひ孫の発表会のつもりで見ていただければと思います。映画はすばらしいものになっていますので、この絶妙なバランスをお楽しみ頂ければと思います」とひかえめに語った。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ