search
とじる
トップ > アイドル > 宮澤佐江 AKB48グループ卒業発表 「異色なアイドルとして最後まで頑張ります」

宮澤佐江 AKB48グループ卒業発表 「異色なアイドルとして最後まで頑張ります」

 SNH48兼SKE48の宮澤佐江が16日、フジテレビの音楽特番「2015FNS歌謡祭 THE LIVE」にて、AKB48グループからの卒業を突如発表。同日にブログを更新し、様々な想いを打ち明けた。

 まず、「他の沢山のアーティストさんが出演なさっているなか、そのアーティストさん方の応援をなさっているファンの皆様がご視聴されているなか、卒業発表をさせて頂いてしまったこと、本当に申し訳ありません」と他の出演アーティスに詫びつつも、「フジテレビさん。卒業発表の場を設けてくださり、本当にありがとうございました。感謝しきれません」と感謝の気持ちを表した。

 そして、「ファンの皆様も驚かせてしまってごめんね」とファンに謝罪。「卒業は数年前から意識していましたが、しっかり考えるようになったのは2015年に入ってからでした」と卒業を考えていた具体的な時期を明かした。

 「いざこうなるとなんて言葉を使ったり話したりしたらいいのかわからないけど、これからの自分の人生をもう一度見つめ直して歩むタイミングは今だなっと思いました」と自身の考えを示した。

 「AKB48グループには10年は絶対に居たかった」と明かし、「なので、私がAKB48の二期生として入った4月(2016年の4月でちょうど10年)までは48グループの一員としていたいと思っていました」と語った。

 そして「来年の夏に控えているミュージカル【王家の紋章】で、10年間48グループでやってきた時に抱いた色々な感情や、根性、感謝の気持ちを宮澤佐江1人からとして48グループに捧げられるように、そんな想いを心に抱いて新しい自分と戦いたいと思います!!」と強い決意を明かした。

 卒業時期については現在未定だが、これから詳細を決定していくという。「ただ時間はあっという間に過ぎてしまうということ。なので今まで以上に一瞬一瞬を大切にしていきます」と身を引き締め、「隣に誰かがいてくれることがどれだけありがたく支えになっているか…。メンバーへの感謝。わがままな自分を出しても一緒に泣きながら意見を言い合い話し合ってくれる人がいる…。スタッフさんやマネージャーさんへの感謝。どんな時でもどんな姿でも、どんな自分を見せても応援をしてくれて支えてくれて喜びや悲しみや悔しみを共に共感してくれる…。ファンの方への感謝」と自分に携わった全ての人に深く感謝した。

 そして「カタチに残すのではなく、ココロで皆さんにしっかりと恩を返せるように準備をし始めたいと思います。残りの時間が、たくさんの笑顔で過ごせるように、涙は最後までとっておきましょう!」と自身に言い聞かせ、「わたしも、アイドル界に新しい歴史を残せるような異色なアイドルとして最後まで頑張ります!!」と誓った。

 最後に「こんな形での発表になってしまったこと、本当に申し訳ありません」と改めて謝罪し、「今までたくさん過去を振り返り後ろを見てきた分、今度こそはしっかりと前を向いて歩み始めます。これからも、こんな私ですが、どうか応援のほどよろしくお願い致します」と締めた。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ