search
とじる
トップ > スポーツ > PRIDE事実上の消滅について高田延彦が言及

PRIDE事実上の消滅について高田延彦が言及

 自らがヒクソン・グレイシーと対戦することでその舞台を生み出し、現役を引退後にも統括本部長として深く関わってきた高田延彦が、PRIDEの事実上の消滅、今後について言及した。
 4日に突然訪れた事務所閉鎖に伴うPRIDE消滅について高田は「何の前触れもなかったのでちょっと驚いたけど、そういう事態の雰囲気がなかったわけではないからね」とし「義理、人情とはほど遠い世界の人たち。ひとつの結果として受け止めている」と淡々とした口調で語った。

 11日にはPRIDEが産声を上げたヒクソン・グレイシー戦からちょうど10周年を迎えたが「私の中でしんみりと過ごした」という高田は、注目される今後についても「世界最高峰の舞台だった。1度覚えた味覚はなかなか落とせない。それほどPRIDEは私の中を支配していた。格闘技に関わっていればいいという話ではない」と多くを語らなかった。
 また、この日、久々に五味と顔を合わせたという高田は「五味選手を等身大で評価してくれるところにいければ。どのリングに上がるにしても『ミスターPRIDE』として見られるだろう。重いものを背負って戦わないといけないだろうけど、頑張ってほしい」

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ