search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 「めちゃイケ」構成作家・元祖爆笑王 コントが作りづらくなった要因分析「視聴者が我慢できない」

「めちゃイケ」構成作家・元祖爆笑王 コントが作りづらくなった要因分析「視聴者が我慢できない」

 フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」の構成作家で、演芸プロデューサーの元祖爆笑王が、コント番組が作りづらくなっている要因を明かした。

 元祖爆笑王は、「めちゃイケ」の他に「笑っていいとも!」なども担当。また、「お笑いハーベスト大賞」といったお笑いコンテストの審査員やお笑い事務所の養成所やお笑い専門学校で講師としても活動し、8月には単行本「しゃべくり漫才入門」(リットーミュージック)を出版するなど、お笑い界の情報を熟知している人物。

 コント番組でいえば、70年代〜80年代のTBS「8時だョ!全員集合」、90年代にはフジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」、「オレたちひょうきん族」、「とんねるずのみなさんのおかげです」、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」、「ダウンタウンのごっつええ感じ」、「笑う犬シリーズ」などがテレビで数多く放送され、バラエティは隆盛期だった。しかし、2000年代に入るとコント番組は激減し、現在では地上波のレギュラー番組でいえばNHK「LIFE!〜人生に捧げるコント」のみで、トーク番組が主流となっている。

 なぜ、コント番組は激減してしまったのか? テレビ局のバラエティ制作班は「コントを作りたい!」という熱意がなくなってしまったのだろうか? そんな疑問に、「いや、やりたいんですよ」と即答した元祖爆笑王。続けて、「自分なんてフジテレビでずっとバラエティの仕事をやっていますから、この芸人とあの芸人を合わせてユニットを作って、『めちゃイケ』に続く何かを生み出して、やっぱりコントでチャレンジしなきゃいけない」と明かした。

 ただ、コント番組が制作しづらくなっている1つの要因とし、視聴者の体質を挙げた。「コントはやりたいんですけど、視聴者が我慢できないんです。コントって起承転結があってストーリーがあるから、少なくとも7、8分ぐらいないとちょっと笑いが成立しない。フリがあって、笑いになるまで時間がかかるじゃないですか。それが今、視聴者が待てない状況じゃないかと思っていますね」と分析。「子供がやっぱり見なくなったよね。昔は、ダウンタウンとかウッチャンナンチャンとかのキャラコントを見ていたけど、今全然ですもん…」と寂しそうだった。

 果たして、コント番組ブームが復活する日は来るのか!? テレビマンたちの戦いは続きそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ