search
とじる
トップ > ミステリー > 漫画家が新幹線車内で「宇宙人に拉致されかけた男」にインタビュー成功!?

漫画家が新幹線車内で「宇宙人に拉致されかけた男」にインタビュー成功!?

pic pic

画像はイメージです。

 まずは右側の写真を見ていただきたい。

 これは超常現象や心霊体験漫画を中心に活躍している漫画家のひぐらしカンナが仕事で東京へ移動する新幹線 の車内でとられたメモ書きである。

 ひぐらしカンナのツイッターによると、この日は打ち合わせのため都内の某テレビ局へ向かっていた。

 彼女は自身の体験した不思議体験を漫画にすることが多いせいか、怪写真を撮ってしまったり、自身も不思議なものと一緒に写ってしまうことが多いという。この日もテレビスタッフに見せるため十数枚の怪奇写真を持参。新幹線車内で整理をしていた。

 すると、この写真に興味を持ったのか、隣の席の男性が「私はスイスで宇宙人にアブダクション(拉致)されかけたことがある」とひぐらしカンナに話かけてきたというのだ。

 その男性よるとスイスで出会った宇宙人は一般的なグレイタイプで腹にベルトを巻いていたという。その 男性は下車駅の品川まで1時間あまり、その時の様子を語っていたという。

 ひぐらしカンナはこの男性との接触について「新幹線に乗っていただけなのに、また不思議にニアミスしてしまった」とツイッターにコメントしていた。

 実際、ひぐらしカンナをはじめ、漫画家は不思議な体験をすることが多く、オカルト漫画の第1人者と言えるつのだじろうはデビューから3年後の1958年にUFOを目撃し、超常現象の研究をはじめたエピソードは有名である。

 また、2010年には漫画家の蓮沼カエが神宮球場で白いUFOのようなものを目撃。撮影に成功した例もあり、かの手塚治虫も飛行機で移動中、光り輝く銀色の謎の物体が空を飛んでいたのを目撃している。

 さらに幽霊や心霊体験と もなるとその数は膨大であり、漫画家は最も不思議体験をしやすい職業といえるのかもしれない。

画像提供:ひぐらしカンナ HP:http://kanna-jp.com/~website/
(文:山口敏太郎事務所)

関連記事


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ