暴力団関係者との密談をすっぱ抜かれた初公判を控えた清原被告

芸能ネタ 2016年04月18日 12時45分

暴力団関係者との密談をすっぱ抜かれた初公判を控えた清原被告

 覚せい剤取締法違反の罪で起訴され、5月17日に初公判を控える清原和博被告だが、旧知の暴力団関係者と昨年10月、野球賭博問題について電話で密談していたことを、発売中の「週刊現代」(講談社)が報じている。

 同誌によると、清原被告が電話をかけたのは、一時期、清原被告のボディガードやトラブル処理を請け負っていた山口組の関係者で、電話をかけたのは昨年10月8日。夕方から7回、27分にわたって通話をしたという。

 会話の内容は、清原被告のPL学園の後輩でプロ野球解説者・立浪和義氏に関して。当時は、巨人の選手たちの野球賭博への関与が発表されていたが、清原被告は立浪氏の野球賭博疑惑が週刊誌に掲載されることを危惧し、なんとかもみ消しできないかを依頼。「もし(週刊誌に)やられたら、タツ(=立浪氏)はもう絶対監督になれない」などと後輩の身を案じ、なんとか立浪氏の力になれないか頭をめぐらせ、立浪氏本人にも電話をかけていたという。

 この件に関して、同誌が立浪氏を直撃。すると、立浪氏は「(清原被告に)お願いしたわけではない」とコメント。清原被告へは「クスリから足を洗ってくれることを願うだけです。それだけです」とメッセージを送った。

 「清原からはどんどん人が離れていったが、数少ない自分を慕ってくれる後輩の立浪をかなりかわいがっていた。13年秋に一部週刊誌のインタビューに対しては、立浪の中日監督就任を邪魔する落合現GMを真っ向から批判したばかりか、性癖まで暴露して球界を震撼させた。立浪も暴力団関係者との“黒い交際”が知られているので、監督就任の可能性がないことを分かっているだけに、清原の“援護射撃”はありがた迷惑だったのでは」(球界関係者)

 清原被告の情状証人は立浪氏か?
 

ピックアップ
芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る