search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 今年の新語・流行語、芸人ノミネートなしの事情 若手のブレークを阻んでいるのは

今年の新語・流行語、芸人ノミネートなしの事情 若手のブレークを阻んでいるのは

pic pic

りんごちゃん

 年末恒例の「2019ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の候補30語が6日、発表されたが、先日まで日本列島を熱狂させていたラグビーW杯関連の用語が目立ち、芸能界のポジティブな話題はさほど盛り込まれなかった。

 ラグビー関連では、W杯で初のベスト8入りした日本代表の強い絆を表した「ONE TEAM」のほか、「ジャッカル」「にわかファン」「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」「笑わない男」の5語がエントリーした。

 芸能界では、これまで07年の小島よしおが「そんなの関係ねぇ」、12年のスギちゃんが「ワイルドだろぉ」、15年のとにかく明るい安村が「安心して下さい、はいてますよ」で大賞を獲得、もしくはトップ10入りしていた。

 しかし、今年ノミネートされた芸能関連のワードは4語のみ。今年4月から異例の2クール放送となり最終回に向けて盛り上がった日本テレビ系ドラマ「あなたの番です」の略称である「あな番(あなたの番です)」、未完のコミックを映画化し大ヒットした「翔んで埼玉」、米津玄師の作詞・作曲、プロデュースによる小中学生の音楽ユニット「Foorin」(フーリン)の楽曲「パプリカ」、そして吉本興業を震撼させた「闇営業」。いずれも、大賞を受賞するにはややインパクトに欠ける。

 「今年ブレイクしたお笑い芸人といえば、大友康平や吉幾三のものまねでおなじみのりんごちゃん。9月に登場したイベントでは、ものまねを始める前の掛け声『スターティン!』で流行語大賞を狙うと宣言していたが、評価はそこまで高くなかったようだ」(芸能記者)

 では、なぜそこまでブレイクする芸人がいなかったのだろうか?

 「どこの事務所も上から中堅の芸人たちの“既得権益”を死守するのに必死。それでも食えないと闇営業に走るという悪循環で、なかなか新しい芸人がブレイクできる環境ではなかった」(テレビ局関係者)

 来年こそは新星の誕生を期待したい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ