search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 声優初挑戦の平愛梨がウエンツと「ジャックと天空の巨人」舞台あいさつ

声優初挑戦の平愛梨がウエンツと「ジャックと天空の巨人」舞台あいさつ

 映画「ジャックと天空の巨人」の完成披露試写会が18日、都内で開催され、日本語吹き替えを担当した俳優のウエンツ瑛二、女優の平愛梨、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリ、「スリムクラブ」の真栄田賢、「博多華丸・大吉」の博多華丸が登壇し、トークショーを行った。

 「ジャックと天空の巨人」は、名作「ジャックと豆の木」をモチーフとし、体験型3Dアドベンチャーとして生まれ変わった作品。青年ジャックが人間界と天界を隔てていた“禁断の扉”を開けてしまうことにより、巨人たちが、地上へ舞い降りる。3月22日から2D・3D同時公開。

 作品の内容に合わせて緑色のタキシードで登場したウエンツは、「是非、楽しんで帰ってください」とあいさつ。純白のドレス姿の平は、ティアラやブレスレットなどの装身具を紹介し、初挑戦という声優には、「真っ白な状態で来てくださいと言われたので、役作りなどしないでそののまま行った」というエピソードを語った。

 しかし、平は完成したものを見たときは涙が止まらなかったといい、ウエンツは、「スクリーンで見て頂くと迫力があります。3Dと吹き替えを合わせて楽しんでいただけると思います」とメッセージを送った。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ