search
とじる
トップ > 芸能ニュース > アヴリル・ラヴィーン、母に認められた才能

アヴリル・ラヴィーン、母に認められた才能

 アヴリル・ラヴィーンは、その昔、兄弟から歌唱力をバカにされていた。
 アヴリルは、お気に入りの曲を歌っては兄や妹を憤慨させていたが、彼女が歌うときにする顔の傑作さを意見されていた。
 「兄は、私が自分に子守唄を歌っていると壁をよく叩いていたし、ウザイと思っていたのね。兄と妹は私が歌うとき鼻の穴が大きくなるって小バカにしていたわ」

 またアヴリルは、母親からは将来歌手になることを信じて疑われず、「リトル・ソングバード」というあだ名まで付けられていたという。
 「母は、私が2歳の頃に教会で『主 我を愛す』を歌っていた時に、私が歌手になるってわかっていたらしいの。それから、私の事をリトル・ソングバードって呼んでいたわ。そうよ、だからいつも歌手になりたかったのよ」

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ