search
とじる
トップ > アイドル > ジャニーズ事務所イメージダウン 後輩グループに悪影響も

ジャニーズ事務所イメージダウン 後輩グループに悪影響も

 「SMAP解散騒動」を発端にジャニーズ事務所のイメージダウンが加速し、さらに後輩グループに悪影響を及ぼしているという。

 日本国中を大騒動に巻き込んでいる「SMAP解散&分裂」騒動。18日、渦中にあったSMAPは、フジテレビ「SMAP×SMAP」に生出演し謝罪。現在の心境を語った。

 「めでたし、めでたし」と一件落着するかと思いきや、視聴者の多くが感じたのは「違和感」。そして「ジャニーズ事務所」という会社への嫌悪感だった。

 番組冒頭に、登場したSMAPのメンバー。左から中居正広、草なぎ剛、木村拓哉、稲垣吾郎、香取慎吾。まず口火を切ったのが木村だった。通常ならば中央に位置し、仕切る役割を担っていたのは中居。その中居が語ったのは4番手、しかも最後に締めたも木村だった。SMAPの表情はこわばっており、中でも中居、香取はかなり憔悴していた様子だった。

 悲愴感漂うSMAPにネット上でも心配する声が上がったが、「パワハラ」「イジメ」と徐々に矛先はジャニーズ事務所に向けられている。特に今回の解散騒動は、SMAPのマネージャーI氏と副社長・メリー喜多川氏の“お家騒動”が発端だとされており、ファンを筆頭に世間からもメリー氏の対応や態度を批判する声が大噴出している。

 そして、メリー氏の批判からさらに発展し、「ジャニタレ出ているテレビ番組見ない」「ジャニーズファン辞める」「今回でジャニーズが決定的に嫌いになった」と、ジャニーズ事務所自体に嫌悪感を感じている者が続出。

 「V6、TOKIO、嵐、関ジャニ∞などの後輩にも悪影響を及ぼしているようです。世間からジャニーズ離れが加速すれば、テレビ局としてもキャスティングする意味がなくなる。そうなればジャニーズ事務所にとっては大きな痛手。また、特にCMはイメージが大事。常にマイナスイメージがチラつくと、クライアント側もキャスティングしなくなる可能性もあります。ジャニーズ側は、SMAPの解散騒動がここまで飛び火するとは思っていなかったでしょう」(ジャニーズ事情通)

 SMAPの解散騒動で、予期せぬ火種が噴出。ただ、後輩たちに悪い部分は一切関係ない。その部分だけは、まず理解すべきだろう。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ