search
とじる
トップ > ミステリー > UFO調査の新たな新事実が!? 「プロジェクト・ブルーブック」

UFO調査の新たな新事実が!? 「プロジェクト・ブルーブック」

pic pic

画像はイメージです。

 オカルト系の話題で必ず出てくる展開のひとつに「UFOや未確認生物が目撃され、警察や軍隊が調査に来て、資料を持ち去った。それから何年も経ったが、調査結果は明らかになっていない」というものだ。都合の悪い証拠を軍が掌握しており、証拠は隠されてしまったのだとか、軍と宇宙人は裏で繋がっていて…等々、 陰謀論が出てくることもある。

 ところが、つい先日アメリカのCIAがUFOに関する調査資料の一部を公開するというニュースが報じられた。公開された資料は1947年から行われた大規模なUFO調査「プロジェクト・ブルーブック」の記録の一部で、1940年台から50年台にかけてのUFO事件に関する調査資料がpdfファイルで閲覧できるというもの。詳細な証言や現場写真の画像なども添えられており、UFOの正体について本気で調査していた当時の様子がかいま見られるものとなっている。

 公開された資料は、UFO事件としては有名なものも含まれている。過去にリアルライブでも紹介したソコロ事件などの資料には、当時の現場写真が多数掲載されている。

 公開された資料の中には、信憑性が高いと判断された事件のものもある。こちら、白黒ながら5機のUFOが空を編隊飛行している様子を捉えた写真は、1962年にイギリスのヨークシャー州シェフィールドにて撮影されたものだ。

 この写真を撮影したのは当時14歳だった少年アレックス・バーチ。彼は二人の友人とともに目撃したUFOを、たまたま持っていたカメラで撮影することに成功したとして公表。地元の新聞にも掲載されて世間の注目を集めた。教師を中心とした彼らの周辺の大人や新聞記者、警察や軍が彼らに質問し、証言を検証してみたが、三人共に証言内容に矛盾が見られなかったため、信憑性が高い目撃事件だと考えられていた。

 しかし、10年後に撮影したアレックス・バーチ氏本人がメディアにてあれはフェイク写真であったと公表。窓ガラスに調節絵を描いて、上手くピント調節して撮影したイタズラ写真だったのである。彼らはほんの悪戯心でUFO写真を作成して撮影してみたのだが、思いのほか話が大事になり、また誰もいたずらだと見抜けなかったため、自らトリックであることを告白したのである。

 この告白がされたのは1972年、「プロジェクト・ブルーブック」が終了した3年後。そのため、信憑性が高い事件資料として扱われる事になったのだ。

文:和田大輔 取材:山口敏太郎事務所

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ