ヒット曲の秘話、が流行ってないか

芸能ニュース 2010年12月17日 11時00分

ヒット曲の秘話、が流行ってないか

 深くてイイ話、の次は、ヒット曲の秘話を知っていると話題の中心になれそう。(?)

 ブルーハーツの『リンダリンダ』は、ダーリンダーリンだったが、リンダはスペイン語で“美しい人”という意味があったのでこれに決定した、そうだ。ファンなら誰でも知っている話らしいが、非常に興味深い。

 TBSの『解禁!マル秘ストーリー』(火・午後9時)は、静かな番組の雰囲気もいいし、番組で多く紹介される、ヒット曲にまつわるネタもなかなかのもの。

 例えば、今月14日(火)の放送では、お蔵入りになったピンク・レディーの初代・『サウスポー』が聴けたが、仰天モノの疾走感の無さ…。文章で言えばあまり推敲をしていない感じが、当時の阿久悠・都倉俊一両氏のコンビの超多忙振りをうかがわせた。

 また別の回には、中森明菜『DESIRE』の♪なーんてね…の振り付けは、中森自身が考えたものだった…などの秘話が紹介された。

 ちなみに、ピッチャーが球を投げるところらしい。

 その日の放送には別の仰天秘話があった。

 嫁ぐ娘の母への思いを切々と歌った名曲、さだまさしの『秋桜』(コスモス)だが、さだ氏が百恵さんの早期引退結婚を予見して作った歌だったのである。

 つまり、歌のモデルの女性は百恵さん自身だったのだ。

 番組では、百恵さんが「心境がわからずうまく歌えません」とさださんに訴え、「そのうちわかります」というような返答をした、エピソードが紹介されたが、さらに、さだが番組内のインタビューで、「長く芸能界に居座るタイプじゃないので、彼女の嫁ぐ日を想定してつくった」、というような仰天エピソードを明かしたのである。

 これが答えだ、というわけでは当然無いだろう。しかし、そんな話を聞くと、名曲もまた違った味わいがある…。

 なお、百恵さんの結婚が決まってファイナルコンサートを終えた直後、<はじめてこの歌の心境がわかりました。ありがとうございました>というメッセージが、さだが泊まっていたホテルにメッセージカードとして届けられたそうである。

ピックアップ
世界大会で頂点に立つも注目度ゼロの松竹芸人がいた

世界大会で頂点に立つも注目度ゼロの松竹芸人がいた
2019年10月20日 14時00分 [芸能ニュース]

芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る