search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 渡英から1年のウエンツ瑛士、俳優修業は順調で将来は大物に?

渡英から1年のウエンツ瑛士、俳優修業は順調で将来は大物に?

pic pic

ウエンツ瑛士

 昨年10月のウエンツ瑛士の渡英から1年が過ぎた。ウエンツは、アメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフタレント。子役を経て、小池徹平との音楽ユニットWaTのメンバーとして活動したのち、バラエティ番組などで活躍してきた。ハーフながら英語が話せないギャップキャラが話題となっていた。

 だが昨年、9月末ですべてのレギュラー番組を休止し、約1年半の予定でイギリスのロンドンへ向かい現地で演技の勉強をすると発表された。その後は、順調に役者修行をしていると見られ、今年2月には、友人の俳優である柿澤勇人のツイッターに登場、「ぼんじゅーる。パリで束の間の逢瀬。」のメッセージとともに、ヒゲを生やしたウエンツの写真が公開されている。柿澤からは「ロンドンで戦ってる戦友」と紹介されており、ウエンツの真剣な様子も窺える。

 8月にも、大竹しのぶのインスタグラムに2ショットで登場、「久しぶりに見たえいじの顔はとても凛々しく男らしくなっていました」と報告されている。食事をしたレストランはウエンツが予約したといい、英語もそこそこ喋れるようになったのかもしれない。

 そのため、帰国後はバラエティタレントとしてばかりでなく、俳優としても本格的に活動して行くと見られる。演技力も身に着けたとなれば、アメリカ人の父を持つ草刈正雄や、デンマーク人女性を母に持つ岡田真澄のような、渋みのある俳優としても活躍して行くかもしれない。

 退路を断っての武者修行であったが、ウエンツにとって大きな成長の糧となる可能性は高そうだ。

記事内の引用について
柿澤勇人&STAFFのツイッターより
https://twitter.com/kakizawa_hayato
大竹しのぶのインスタグラムより
ttps://www.instagram.com/shinobu717_official/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ