search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『おっさんずラブ』新キャスト、重要な人物が消え物議 公式SNSは既に“模様替え”でファンから悲しみの声殺到

『おっさんずラブ』新キャスト、重要な人物が消え物議 公式SNSは既に“模様替え”でファンから悲しみの声殺到

pic pic

林遣都

 俳優の田中圭が主演するテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」の新作が、「おっさんずラブ−in the sky−」のタイトルで11月2日から放送されることを、各メディアが報じている。

 「おっさんずラブ」は、2016年末の深夜に単発ドラマとして放送され、同作が好評を得たことから、昨年4月期に連ドラ版として放送。

 田中演じるなぜか女性にはモテない会社員と、吉田鋼太郎扮するその上司、林遣都演じる後輩のコミカルでピュアな三角関係が話題に。ツイッターの世界トレンド1位を獲得し、同年の流行語大賞トップ10入りするなど社会現象となり、連ドラ版のその後が描かれた映画版が公開され、ヒットしている。

 報道をまとめると、新作は、“おっさん同士の恋愛”という基本設定と、田中、吉田は続投。舞台を航空会社に移し、主人公の「はるたん」こと春田創一(田中)は、突然リストラされ、「天空ピーチエアライン」に転職した新人客室乗務員(CA)役。

 フライトを重ねるうちに、同僚の信頼も厚い敏腕パイロット“グレートキャプテン”の黒澤武蔵(吉田)に認められ、いつしか思いを寄せられるようになり、そこに、共に新キャストの千葉雄大演じる副操縦士・成瀬竜や、戸次重幸演じるストイックな職人肌の整備士・四宮要を交えた四角関係が描かれるというのだ。

 しかし、林の名前がキャストにないことに対して、ネット上では「牧くんがいないおっさんずラブなんて…」などと“ロス”の声が挙がっている。特に、「おっさんずラブ」公式twitterは前日まで前おっさんずラブメンバーのアイコンで、前日まで「春田創一、牧凌太。2人の幸せがこの先もずっと続きますように」と、連ドラ版、映画版の主人公カップルについて投稿していたこともあり、ファンからは「(前作と新作の)アカウントを分けてほしい」という要望が殺到するほど。「まだ映画公開中なのにアイコンが変わってしまった」「せめて主人公の名前を変えてほしい」「映画版で完結しておいたらよかったのに」など、悲しみに声が相次ぐ事態となっている。

 「一部で報じられていたが、林は続編に出演に難色を示していたようで、役者歴はそこそこあるものの、田中や吉田のようにこれといった作品がないことから、同ドラマの役柄の印象が強くなりすぎることを懸念したのがその理由。しかし、林がいないことで大幅な“戦力ダウン”。林に替わるキャストも驚くほどではなかったので、前作よりもインパクトのある作品にするのは難しいのでは」(テレビ局関係者)

 サプライズでの林の投入があれば、ドラマは盛り上がりそうだが…。

記事内の引用について
おっさんずラブアカウント公式Twitterより
https://twitter.com/ossans_love

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ