search
とじる
トップ > 芸能ニュース > いろんな意味で注目の相武紗季

いろんな意味で注目の相武紗季

 今や10月スタートのドラマで最高平均視聴率を独走する「家政婦のミタ」(日本テレビ系)。14日放送の第10話は28.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)での30%超えも見えてきたが、ドラマの中で存在感を増しているのが脇役の相武紗季だ。

 「相武が演じるのは、松嶋菜々子演じる主人公の家政婦・三田の紹介先である家族の亡くなった母親の空気を読めない妹役だが、見ている方がいらいらするようなキャラを見事に演じきっている。長谷川博己演じる姉の夫である義理の兄に思いを寄せ、予告編によると、最終回では三田と壮絶な女のバトルを展開するようだ」(テレビ関係者)

 相武といえば、プライベートではTOKIOの長瀬智也と交際していたが、今年に入ってからたびたび破局説も報じられるなど微妙な関係を伺わせているが、なんと、長谷川との熱愛が浮上しているというのだ。

 「一部週刊誌が報じたが、ドラマの中での絡みが多いため、自然と距離が近くなり、かなりいい雰囲気のようだ。長谷川といえば、ドラマと映画『セカンドバージン』で共演した鈴木京香との熱愛が報じられているが、相武は長瀬と長谷川の二股、長谷川は相武と鈴木の二股だとしたらかなり面倒な話しになりそう」(週刊誌記者)

 長瀬か長谷川か、相武のプライベートが今後、注目を浴びそうだが、トーク番組でのある発言も注目されているという。

 「先日、日テレの音楽番組に出演した際、『家政婦のミタ』の主題歌を歌う斉藤和義と共演。その際、『男の人の部屋で気になるところ』を聞かれた相武は『エロ本がないかどうか』と発言。これまでどちらかといえば清楚なキャラで売って来たため“エロ本発言”はかなり新鮮。意外と、バラエティー番組でもいけるのでは」(同)

 公私ともに相武の動向が注目されそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ