search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 余韻続くAKB総選挙、ロボコップ高見盛の推しメンは「さしこ」!?

余韻続くAKB総選挙、ロボコップ高見盛の推しメンは「さしこ」!?

 6月のエンタメ界の話題をAKB48一色に塗りつぶした2011年総選挙。前田敦子の首位奪還、絶大な現場人気を誇る柏木由紀の3位躍進、男性ヲタ層の支持が伸び悩んだ(?)板野友美がまさかの8位転落と、今年も悲喜こもごもの人間ドラマが繰り広げられたが、その余韻は、週が明けた現在もまだ続いている。

 硬派の“ゴーマニスト”として知られる漫画家・小林よしのり氏は、自身のウェブ「ゴー宣道場」にて、6月9日に東京・日本武道館で行われた総選挙開票イベントを“生観戦”したことを報告。日記では「一番好きな大島優子が前田敦子に負けてしまって残念」と、“優子推し”であることまで告白した。一方、「ファンはアイドル以外のリアルな世界にも、もっと向き合わないと…」と、今回の狂熱状態に苦言を呈した漫画家・やくみつる氏だが、自身の好きなメンバーは「一番かわいいから」という理由で「こじはる」こと小嶋陽菜であることをあっさりカミングアウトし、ファンもアンチも一同にズッコケさせてみせた。

 そして「著名人のAKB好き」は、この人も例外ではない。角界ナンバーワンの人気者、“ロボコップ”こと高見盛も、総選挙に常に注目を払っていた。早くから前田敦子の首位返り咲きを予想していた高見盛だが、その理由も「『ドラッカー』とか出てるでしょ?」と、そこそこお詳しい様子。
 ちなみに「さしこ」こと指原莉乃の大躍進(昨年19位→今年9位)も予想していたとのことで、報道陣からの取材で、高見盛が指原ブレイクのきっかけになったバラエティ『さしこのくせに』(TBS系)を視聴していることも明らかになった。なんとも「あのヘタレキャラ」が好きとのこと。土俵上のユーモラスな仕草で「笑われる」機会の多い高見盛だけに、ヘタレのさしこに“同類相哀れむ”シンパシーを抱いているのだろうか…!?

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ