search
とじる
トップ > レジャー > 橋本千春の勝馬ピックアップ!(3/19)スプリングS、他

橋本千春の勝馬ピックアップ!(3/19)スプリングS、他

2回中山競馬7日目(3月19日・日曜日)予想・橋本千春

☆中山11R「スプリングS」芝1800メートル
◎8アウトライアーズ
○9サトノアレス
▲11トリコロールブルー
△6モンドキャンノ
 本命にはアウトライアーズを推す。デビュー以降、(2)(1)(3)(1)着とすべて馬券の対象になっている、抜群の安定感とセンスの良さに魅せられたからだ。2勝は中山の2000メートルと、1600メートルで挙げているが、上り(3F34秒9、34秒5)はいずれもメンバー最速。「瞬発力は世代屈指」と豪語する、サトノアレスに勝るとも劣らない切れ者といえる。さらに、顔ぶれを見ると先行馬が多く、平均より速いペースが予想され、展開もおあつらえ向き。以上のことから、金星奪取の可能性は高い。当面の相手は、2歳王者のサトノアレス。

☆中山10R「千葉ステークス」ダ1200メートル
◎7スミレ
○12ニットウスバル
▲1エイシンヴァラー
△11アールプロセス
 大和Sでよもやの(12)着惨敗。人気を裏切ったスミレが起死回生の一発を決める。その大和Sは休み明け、そして遠征競馬(京都)だったのに10キロ増と、重め残りが響いたもの。決して悲観することはない。1秒差なら巻き返しは十分可能だろう。もちろん、実力の裏付けもある。3歳の昨秋、歴戦の古馬勢相手に千万条件→準オープン特別連勝は並みの馬では出来ない芸当だ。まだ底が割れていないからノビシロも大きい。コース替わりで気分一新、本領を発揮する。相手は、中山巧者<2210>のニットウスバル。デキの良さは目立っているし好勝負に持ち込みそう。

☆中山9R「幕張ステークス」芝1600メートル
◎10キャンベルジュニア
○9ストーミーシー
▲8ティーエスネオ
△2チャンピオンルパン
 ◎は4走前の関門橋Sで実際にこのクラスを圧勝(0秒6差)している、キャンベルジュニア。素直にその底力を信頼したい。勝って同条件ながら近走は、(3)(2)着と勝ち運に恵まれないが、放牧を挟み心身ともリフレッシュされたことで流れが変わりそう。鉄砲実績もあり、期待できる。相手は、敢然と連闘で勝負をかけてきたストーミーシー。

☆阪神11R「阪神大賞典」芝3000メートル
◎9サトノダイヤモンド
○7ワンアンドオンリー
▲6レーヴミストラル
△3シュヴァルグラン
 昨秋、菊花賞、有馬記念の両GIを制覇、名実ともに頂点を極めたサトノダイヤモンド。ここでは実績、実力ともに抜きん出た存在であり、ちょっと死角は見当たらない。有馬記念以来、約3か月ぶりの実戦とはいえ、九分通り態勢は整ったと判断できるだけに、何も心配はいらない。無敵の4連勝で天皇賞(春)へ大きく弾みをつける。当面の相手は、ダービー馬のワンアンドオンリー(14年)。長い間、馬券に絡んでないとはいえ、近走の内容は悪くない。得意の阪神コース(3勝)に替わり走り頃だ。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ