search
とじる
トップ > 社会 > 大阪府警の巡査長が飲み会費用の捻出、借金返済のため捜査費を盗む

大阪府警の巡査長が飲み会費用の捻出、借金返済のため捜査費を盗む

 大阪府警は西署生活安全課の男性巡査長(34)が、署内で捜査費計2万円を盗んだ疑いがあることを明らかにした。

 府警監察室によると、当時、巡査長は同署街頭犯罪抑止総合対策本部に勤務していたが、生活安全課に戻ることになり、9月中旬、送別会の飲食代が足りず、執務室の引き出しから捜査費5000円を盗んだ。

 さらに、数日後、1万5000円を盗んだ。この際は、消費者金融への返済を母親が立て替えたため、それを返す目的だったという。

 9月下旬、署員が経費の管理状況を確認したところ、4人分の捜査費2万円がなくなっていることに気づき発覚。内部調査で、巡査長が名乗り出た。

 捜査費は毎月、各捜査員に5000円が交付され、本来なら、各自が個別に管理すべきものだが、巡査長が所属していた部署では、警部補(53)が机の引き出しに一括管理しており、無施錠だった。

 巡査長は株取引の失敗で数百万円の借金があって、金に困っており、「10月初めの精算までに戻せば、ばれないと思った」と話している。

 県警の大村喜一・監察室長は「公金に係る事案であり、重く受け止め、厳正に対処する」とコメントしている。

 今回は大阪府警だったが、全国の警察で、署員が捜査費を盗む事件が頻発している。他の署員の捜査費はあくまでも公金だ。「後で戻せばいい」との理屈は成り立たない。モラルの欠如以外のなにものでもないだろう。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ