「アクセスが不便だけど…」GWの観客動員数1位はどこ? メットライフドームは…【パ・リーグ編】

スポーツ 2019年05月12日 17時30分

「アクセスが不便だけど…」GWの観客動員数1位はどこ? メットライフドームは…【パ・リーグ編】画像はイメージです

 前回の記事では、セ・リーグのGW期間中(先月27日〜今月6日)の集客数を記した。稿が変わった今回は、6球団で86万2887人を集めたパ・リーグについてそれぞれ見ていこう。各球団の数字はそれぞれ以下の通り(平均・稼働率は四捨五入済みの数字)。

埼玉西武 :6試合/合計18万1855人/平均3万309人/稼働率92.6%
ソフトバンク:6試合/合計23万5792人/平均3万9299人/稼働率97.8%
日本ハム :3試合/合計10万8770人/平均3万6257人/稼働率85.8%
オリックス :6試合/合計17万3437人/平均2万8906人/稼働率79.8%
ロッテ :3試合/合計 8万1552人/平均2万7184人/稼働率89.6%
楽天 :3試合/合計 8万1481人/平均2万7160人/稼働率89.0%

 埼玉西武の本拠地であるメットライフドームは「アクセスが不便」と言われることもしばしば。ただ、上記の数字を見ても分かる通り、GW中は多くのファンがそれをものともせずに足を運んでいた。

 現在リーグで首位に立つソフトバンクは、集客面でもさすがの強さを発揮。ちなみに、1日の楽天戦は、本拠地ヤフオク!ドームの収容人数(4万178人)ピッタリと大入り状態だった。

 日本ハムは1試合目が2万9241人と控え目な数字だったが、2試合目(4万1138人)、3試合目(3万8391人)はいずれも好調。オリックスは両リーグで最も低い稼働率だが、先月29日の埼玉西武戦(3万4607人)、1日のロッテ戦(3万3532人)の2試合に関しては盛況だった。

 ロッテ、楽天の両球団は、3部門のいずれも似通った数字となっている。稼働率がほぼ9割であることを考慮すると、どちらの球場も大いににぎわったようだ。ちなみに、楽天は先月28日のロッテ戦で球団過去最高となる観客数(2万8323人)を記録している。

 セの114万394人と合わせて、両リーグで200万3281人を集めたプロ野球のGW。どの球団も大いに10連休の恩恵に預かったといえるだろう。この期間に足を運んでくれたファンを離さなければ、史上最多となった昨年のシーズン総観客数(2555万719人)の更新もあるかもしれない。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る