search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 川口春奈の“乗っかりキャラ”が止まらない? 今度はサッカー応援で、にわか批判殺到

川口春奈の“乗っかりキャラ”が止まらない? 今度はサッカー応援で、にわか批判殺到

pic pic

川口春奈

 ワールドカップ、グループリーグ第3戦となるポーランド戦が6月28日深夜に行われ、日本は0-1で敗れるも、決勝トーナメント進出を決めた。

 これに先がけ女優の川口春奈が公式インスタグラムを更新し、撮影中のショットを公開するとともに「夜はいよいよポーランド戦。頼む!!!!!ドキドキするんじゃ。」と書き込んだ。このアピールに、川口もブームに乗じたにわかファンかといった批判が生じている。

 「なにしろ川口は、先月には、大谷翔平に会いにアメリカの現地へ向かい、エンゼルスの赤いユニフォームとキャップをかぶった姿を公開し、『これまで野球に興味なさそうだったのになぜ?』といった批判が殺到しました。しかし、その後はテレビなどで応援している様子はなく、今月に入るとワールドカップに期待する投稿を始めたので、『大谷を早くも切り捨て?』とネットでは話題となりましたね」(芸能ライター)

 もはや野球からサッカーまで、あらゆる流行りのスポーツに乗っかるキャラになりつつある。こうした姿には既視感がある。

 「女優の佐藤藍子は、1998年に横浜ベイスターズが優勝すると、『地元の川崎出身だったので昔からファンでした』と突然宣言し話題となりました。元AKB48の秋元才加も、大相撲力士の高安と幼なじみであったことから相撲好きをアピールしたかと思えば、小中高とバスケ部であったためNBA関係の番組へ出るなど、あらゆるスポーツに噛んでいるものの、いずれも専門的な知識がないと批判を受けましたね」(前出・同)

 川口は彼女たちに続く新たな“いっちょかみ”キャラとなりつつあるのかもしれない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ