search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 悩めるTBS 小林麻耶アナの後継者不在

悩めるTBS 小林麻耶アナの後継者不在

 レギュラー番組で3月末で退社することを明かしたTBSの小林麻耶アナウンサー(29)。退社後、4月にスタートする同局のゴールデンタイムのニュース番組でキャスターを務める。小林アナの退社を受け、同局女子アナの“エース争い”は激化しそうだが、現状ではエース候補が見当たらないため、小林アナを重用せざるを得ないという。

 小林アナは退社の一部報道を受け24日、同局の生放送のレギュラー番組「王様のブランチ」で「3月いっぱいで退社します。フリーになってもがんばります」と報告。その直後からブログにアクセスが殺到し、一時はサーバーがダウンするほどの反響があった。昨年夏から秋ごろにかけて退社を上司に相談。その後、4月スタートのニュース番組のキャスターの話をもらったことを明かし、あくまでも円満退社だったことをうかがわせている。
 「フリーになって妹の麻央も所属する『セント・フォース』に所属する予定。以前から、フリー志向が強かったようだが、最近、テレビ各局の経費削減で、局員の女子アナの仕事量が格段増えた。麻耶としては、同じ仕事量でもフリーなら仕事をこなした分だけしっかり稼げる。麻耶の昨年の年収は推定1350万円。対して、妹の麻央は1億円とも言われているから、妹の仕事ぶりがフリー転進を後押ししたと思われる」(TBS関係者)

 小林アナは、「王様のブランチ」のほか、「世界・ふしぎ発見!」、「チューボーですよ!」など同局の看板番組を担当。3月30日からはゴールデンのニュースを担当するため、ほかの番組の小林アナの後釜が気になるところだ。
 「ニュースは月から金の激務ですから、『王様のブランチ』以下は交代することになりそう。小林アナの後を継ぐということはエース候補ですが、やはり有力なのは青木裕子アナ」(芸能ライター)
 青木アナは現在「サンデー・ジャポン」などに出演しているが、比較的スケジュールは空いている模様。特に問題はなさそうだが、すんなりとはいかないようだ。
 「青木アナといえば、不倫騒動や昨年夏の退社騒動などTBSの“スキャンダルクィーン”。もし、また何か起こせば即座に降板させなければならないし、以前からフリー転進のうわさも絶えない。小林アナから受け継ぐのはせいぜい1番組ぐらいでは」(同)

 青木アナに続く“エース候補”が出水麻衣アナだという。
 「スキャンダルもなく、年齢・容姿ともに小林アナの後継者には適任。しかし、月から金まで『NEWS23』に出演。これ以上、仕事を増やせば体調を崩したり、不満爆発でフリー転向の可能性もあるから難しい」(別のTBS関係者)
 他には、竹内香苗アナ、久保田智子アナ、昨年入社の加藤シルビアアナなどなかなか粒ぞろいな気もするが、「みんなただでさえこき使われ『これ以上仕事はいらない』という状態。仕事の数をこなして名前を売るより、給与との兼ね合いが優先なんです」(同)
 となると、まだまだ小林アナ頼みになりそうだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ