search
とじる
トップ > 芸能ニュース > カンニング竹山に批判殺到! 『ワイドナ』で女性差別発言、田口被告の土下座にも的外れコメント

カンニング竹山に批判殺到! 『ワイドナ』で女性差別発言、田口被告の土下座にも的外れコメント

pic pic

カンニング竹山

 コメンテーターとして賞味期限かもしれない。ここ連日、カンニング竹山が批判に遭っているのだ。ミソがついたのは9日。初登場を果たした『ワイドナショー』(フジテレビ系)でのことだ。

 「視聴者からの投稿で、焼肉店では自分で焼くべきか、店員に任せてもいいかという議題が上がっていました。これについて竹山は『(迷うなんて)バカだよコイツ』『焼肉屋行って焼くのが面倒くさいと言い出したらもう終わりですよ』と噛みついていました」(芸能ライター)

 ところが続いて、カニの身をむくということに関し、共演者からの「(店や宿の)おばちゃんにやってほしい」という声に対して竹山は「そんなババアが触ったカニ食いたくないんですよ」「オバハンが触って取るんでしょ?やめてくれ」「オバハンがダメなんです」などと、理解不能な価値観をさらし、松本人志が「お前、なかなか差別エグいな」とドン引きしていた。

 「さらに、同番組で南海キャンディーズ山里亮太と女優の蒼井優が結婚したというニュースが紹介された際、竹山は、世の女性が『山ちゃんがカッコよく見える』と言い始めたと語りながら、その理由として『私は蒼井優さんには勝てないって認めてるから、私より上の蒼井さんが山ちゃんを選んだから、山ちゃんかっこいいというしかない』と、これもまた歪んだ女性観を説いていました」(同)

 そして今度は、10日の『ビビット』(TBS系)だ。7日夜、大麻所持の疑いで逮捕・起訴されたKAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告が保釈された際、報道陣の前で土下座したことが取り上げられた。ところが竹山は、同被告の土下座にイチャモン。

 「土下座が硬いのよね、ちょっとね。あれドラマの土下座なのよ。あれじゃ伝わらない、わざとらしく見えちゃうのよ。もっと柔らかくていいの、土下座は。最後、弁護士さんが起こすぐらいが一番良いのよ。俺なんか本気の土下座、何回もしたことある。1回聞いてくれたらなんぼでも教えるって」などなど、土下座評論家というぐらい熱く論じていたのだ。

 だがSNS上では、「本当の土下座を知らないって言っているけど あんたが知っているからってそれが何? 上から目線で言う話か!」「田口の土下座のことをドヤ顔でダメ出ししながら自分が本気の土下座を何回もしたっていう話を、自慢げに言ってるけど自慢にならねえ」「違和感よりも嫌悪感しかなかった」と竹山に批判が殺到した。いよいよコメンテーター竹山もお役御免か?

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ