search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 田原俊彦、60歳にしてふんどし写真に挑戦「ギャランドゥーなんで大変…」 

田原俊彦、60歳にしてふんどし写真に挑戦「ギャランドゥーなんで大変…」 

pic pic

田原俊彦

 タレントで歌手の田原俊彦が27日、都内で還暦記念写真集「DOCUMENTARY」(講談社)の発売記念会見を行った。会見には、同写真集の撮影を担当したカメラマンの下村一喜も参加して、田原とトークショーを行った。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 田原は昨年2月、還暦を迎えたが、「まさか自分がこんな年齢になるまでアイドルを継続してやるとは、80年代には想像もつかなかった。でも芸能生活も今年43年目に突入。歌って踊ってこの世界で生きて行くぞって心に誓ってやってきたから、いろんな時代、時期もある中、今もこうして現役バリバリでできている」と自身の活動を感慨深げに回顧。「子どもの頃の60歳は定年だったり、おじいちゃんだなってイメージだったんですけど、今は人生100年時代。60歳であぐらをかくわけにもいかない。日本人は勤勉で、健康で、寿命も長い。まだまだこれから人生長いのだから、還暦も一つの通過点として捉えたい」と還暦も前向きに捉えている様子。

 今回の写真集のオファーをもらった時の心境も振り返り、「正直、勘弁してくれと思いました。しかも、その話を持ってきたのがまさかの『フライデー』(同)さん。20代、30代に撮られまくって、やられまくっていたのにって思ったけど、逆に面白いんじゃないかなって思いました。スペシャリストが集まって、いい環境の中で作品も撮れました。今は感謝でいっぱいです」と話す。

 会見では、田原の還暦とは思えない肉体も話題になったが、「僕、トレーニングはほとんどやっていないんです。好きなものを食べるし、食生活もストイックじゃない。もちろんストレッチはしますよ。普段は気の向いた時に腕立てしたり腹筋したり。でも、ジムに行ったことはないんです。自然体でやってきたので。この体をキープできていることは自分でも謎です。『田原俊彦』という職業を精一杯やってきたからかもしれません」と分析する。

 カットの中にはふんどしカットもある。田原は「僕はギャランドゥーなんで撮影は大変でしたよ」と照れ臭そうに撮影を回顧し、「還暦ですけど、同世代の昭和の連中が60歳の僕を見て、トシちゃんまだやるなって励みにしてもらえれば」と思いを込める。最後に、「いなくなりましたけど、僕はマイケル・ジャクソンのファン。マイケルをずっと指針というか、リスペクトしてやってきた。今、彼の年齢を超え、60歳になった。今後どうなるかは神のみぞ知る。でも生きるしかない。今年も精一杯明るくやっていきたい」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ