search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「骨格が違いすぎました」ぼる塾がディズニープリンセスに?『ハロウィーンパーティー』配信、“声の王子様” 仲村宗悟も登場

「骨格が違いすぎました」ぼる塾がディズニープリンセスに?『ハロウィーンパーティー』配信、“声の王子様” 仲村宗悟も登場

pic pic

⒞Disney

 お笑いトリオのぼる塾が、23日に開催される『ディズニープリンセス ハロウィーンパーティー 2021』のオンラインイベントに登場する。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 同イベントは、世代を超えて愛されるディズニープリンセスをテーマに、様々な企画で日本中のディズニーファンがオンラインでつながり、ハロウィーンを楽しむパーティー。今回、ぼる塾のきりやはるか、田辺智加、あんりがそれぞれお気に入りのプリンセスの仮装で登場し、ファンと一緒にハロウィーンパーティーを楽しむ。

 誰がどのプリンセスの仮装をするのか、お互いにシークレットのサプライズ企画ということもあり、撮影では変身前からテンションが高かったぼる塾の3人。「この日のためにコラーゲンをたっぷり摂ってきました」と、並々ならぬ意欲を見せる田辺は『アラジン』に登場するジャスミンのドレスを前に「女子の夢です!」と目を輝かせた。

 一方、はるかが選んだのは、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェル。何層にも重ね合わせたウィッグに色鮮やかな花を飾りで、あの美しいラプンツェルヘアを再現していた。そして、ツッコミ担当のあんりがセレクトしたのは、なんと『眠れる森の美女』に登場するヴィラン(悪役)でお馴染みのマレフィセント。驚く田辺とはるかに、「マレフィセントが、私にとって憧れの“プリンセス”」と語り、実写版でマレフィセントを演じたアンジェリーナ・ジョリーを目指したにも関わらず、「骨格が違いすぎました」と苦笑いしながらも仮装を楽しんでいた。

 また、同イベントは前編と後編の2部構成。前半では、ぼる塾の3人がディズニープリンセスへの憧れと魅力を語るほか、自身のプリンセスメイクのポイントも紹介。後半は、“プリンセスソング”をテーマに、『アルティメット プリンセス セレブレーション』の日本版テーマソングの歌唱を担当している新人アーティストの清水美依紗が、『リトル・マーメイド』のアリエルの仮装で登場し、『ディズニープリンセス楽曲総選挙』の中間結果発表や、思い出のプリンセスソングについてぼる塾の3人と熱く語った。

 スペシャル・ナビゲーターは、『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2021』にて、“声の王子様”としても活躍中している声優の仲村宗悟が担当している。

 同配信は、23日12:00より配信スタート。

『ディズニープリンセス ハロウィーンパーティー2021』特設サイト
https://www.disney.co.jp/fc/princess/upc/hw2021.html

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ