search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(12月6日)チャンピオンズカップ(GI)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(12月6日)チャンピオンズカップ(GI)他1鞍

【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。
・東京12Rが〇→△→◎で決まり、3連複300円。

【今週の予想】
☆中京9R こうやまき賞(芝1600m)
 ここは断然ストゥーティ。新馬戦で2着に破ったレッドベルオーブは、その後未勝利→デイリー杯2歳S(GII)と連勝。それも2戦ともにレコード勝ちとハイレベル。ストゥーティ自身、2戦目のアルテミスS(GIII)では、2番枠だったこともあり終始馬場の悪い内を走らされての4着。それでも勝ち馬とは0秒4差、2着馬とは0秒1差と通ったコースの差を考えれば力差はない。今回は開幕週でこの馬の先行力が生きる舞台。ここは負けられない。

◎ストゥーティ
〇ジャンカズマ
▲ダディーズビビッド
△₁カフェカエサル
△₂アンブレラデート

買い目
【馬単】4点
◎→〇▲△₁△₂
【3連複1頭軸流し】6点
◎-〇▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】9点
◎→〇▲△₁→〇▲△₁△₂

☆中京11RチャンピオンズC(GI)(ダート1800m)
 絶対王者クリソベリル。言わずもがな9戦して8勝、内GI(JpnI含む)4勝で、敗れた1戦は海外遠征で状態が本物ではなかったサウジカップ(GI)のみ。ここ2戦は帝王賞(JpnI)、JBCクラシック(JpnI)と格の違いを見せつける圧巻の走りで優勝しており国内に敵なし。一度使われて状態も更に良くなっており、ここも不動の本命。打って代わって2番手以下は混戦模様だが、ここは素直に帝王賞とJBCクラシックでともに3着となった〇チュウワウィザード。前走のJBCクラシックは、クリソベリルを負かすためにクリソベリルよりも前で競馬をしたが、結果的に良い目標となってしまい、直線早々に交わされてしまったが3着に粘っており、現ダート界ではトップクラスの実力があることを証明した。昨年当レースで4着であったが、当時よりも馬体は成長しており、今年はさらに上の結果が狙えるだろう。▲はクリンチャー。以下、サンライズノヴァ、タイムフライヤー、ゴールドドリームまで。

◎(15)クリソベリル
〇(11)チュウワウィザード
▲(5)クリンチャー
△(8)サンライズノヴァ
△(1)タイムフライヤー
△(2)ゴールドドリーム

買い目
【馬単】5点
(15)→(1)(2)(5)(8)(11)
【3連複1頭軸流し】10点
(15)-(1)(2)(5)(8)(11)
【3連単フォーメーション】12点
(15)→(5)(8)(11)→(1)(2)(5)(8)(11)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
 山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ