search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「あんな無駄な会議をする民間企業はすぐに潰れる」橋下徹氏、河野大臣のムダ批判に共感

「あんな無駄な会議をする民間企業はすぐに潰れる」橋下徹氏、河野大臣のムダ批判に共感

pic pic

橋下徹氏

 元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏が、9月17日にツイッターを更新し、前日に誕生した菅義偉新内閣での深夜の会見を批判した、河野太郎行政改革担当大臣の発言に共感を寄せた。

 ​>>玉川氏「心外ですよ!」橋下氏の指摘に反論? PCR検査巡る発言否定も「撤回した?」疑問の声<<​​​

 新内閣が誕生した場合、閣僚が持ち回りで会見をするのが慣例となっている。河野大臣は「この記者会見も、大臣が各省に散ってやっていれば、今頃みんな終わって寝ているはずだ。ここで延々やっているのは前例主義、既得権益、権威主義の最たるもの。こんなもの、さっさとやめたらいい。ぜひご協力をいただきたいし、これを皮切りにやっていきたい。SNSでも発信していきたい」と会見で語った。

 これに対し、橋下氏は「大賛成!こういうところの改革から組織の意識改革が始まる。閣議決定文書の紙こより留、紙ファイルの耳付け。優秀な官僚負担のこんな無駄作業も未だに変わっていない。即時廃止を」と共感を寄せた。これには、ネット上で「文章ってホチキスじゃないのか」「これは確かにムダかも」といった声が聞かれた。

 さらに橋下氏は、その他のムダな点も指摘し、「衆参で全く同じ所信表明演説などをするのも無駄。片一方でリアル演説をして他方はネット中継で十分。リアル演説を衆参交互にやればいいだけ。あんな無駄な会議をする民間企業はすぐに潰れる。こんな非生産的なことをやっている国会に日本の生産性を上げることなどできない」と厳しく批判した。さらに、大阪府知事時代は、教員たちの手書きの通知表作成は止められなかったが、府の手書き文章は取りやめにした話も書き込み、「霞ヶ関にもこんな例が山ほどあると思う」とツイートした。これには、ネット上で「やっぱり改革は必要ですかね」「ビジネスの世界ではPCが当たり前ですね」といった声が聞かれた。

 一時期は入閣説もささやかれた橋下氏は、政治の現場への関心や疑問は今も持ち続けているようだ。

記事内の引用について
橋下徹氏のツイッターより https://twitter.com/hashimoto_lo

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ