search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 何度も断られた末、ついに実現! モー娘。楽曲のボツフレーズをひっさげ、つんく♂がつぼみ大革命を全面プロデュース

何度も断られた末、ついに実現! モー娘。楽曲のボツフレーズをひっさげ、つんく♂がつぼみ大革命を全面プロデュース

pic pic

つぼみ大革命(c)吉本興業

 結成10年目を迎えた、アイドルグループのつぼみ大革命が、10月7日に7thシングル『逆襲のYEAH!』を発売することを発表した。

 本作は、モーニング娘。をはじめ多くの人気アイドルを手掛けてきた、つんく♂が表題曲の作詞・作曲、ジャケットデザイン、衣装、振付、MVを総プロデュースすることが決定。つんく♂がモーニング娘。「LOVEマシーン」の時から温めてきた必殺技フレーズを、本作で解禁するなど、アイドルファンだけでなく注目が集まっている。

 >>阿佐ヶ谷姉妹から「ヤングね~」 アイドルなのにお笑い大会『THE W』決勝に出場のつぼみ大革命、あの芸人と現在も同居中?<<

 つぼみ大革命は、2019年末の女芸人の賞レース『THE W 2019』ファイナルに出演、ドラマ主題歌発売、全国ツアー決定と勢いに乗ってきていたが、コロナウイルスの影響を受け、2公演を終了した時点でツアーが中止。つんく♂全面プロデュース作の新曲のタイトルの如く、本作で大逆襲を図る。また、7thシングルのカップリング曲は、つぼみ大革命の元メンバーであり、『THE W 2019』優勝の3時のヒロイン・福田麻貴が作詞を担当する。

 本作のプロデュースにあたりつんく♂は、「正直何度か『ごめんなさい』ってお断りしてたユニットです。なんで断ってたか・・・ユニットとして出来上がってるといえば出来上がってる気がしたし、『アイドル』ということで、目をひこうとしてるバラエティ集団なんかな?って思ってたりもしたので、俺へのプロデュース依頼も「断られました!」っていうネタのため?!みたいに思ってたんですが、昨年末くらいからまた担当の方からの熱い説得があり、なんとしてもつんく♂さんにプロデュースしてもらいたいんです。と、口説かれました。その後、世の中もコロナ禍となり、この話も止まっていたんですが、さらに口説かれ、こんな熱い担当が芸能界にまだ残ってるんやなってちょっと熱い気持ちになって「わかりました!」と引き受けました」と引き受けた経緯について話している。

 更に、話題となっているフレーズについて「僕としてもずっと眠らせてきた、モーニング娘。で使わなかった必殺技の家!家!家!魚!魚!魚!を遂に降臨させました。モーニング娘。の場合、仮歌入れた時、響きはよかったけど、文字づらで流石に無いなって修正して最終的にあの『LOVEマシーン』になったんですが、今回満を持してここにて封印を解きました。楽しんでください!それにつきます」と期待の持てるコメントを寄せた。


『逆襲のYEAH!』
2020年10月7日(水)発売
Type-A(CD+DVD)  品番:YRCN-90315 価格:2,000円予定(税込)
Type-B(CD+DVD)  品番:YRCN-90316 価格:1,500円予定(税込)
Type-C(CD only)  品番:YRCN-90317 価格:1,000円予定(税込)

つぼみ大革命公式サイト:http://www.tsubomi.club/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ