search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『MIU404』、“毒親”テーマの殺人事件に賛否「正当化してるみたいで嫌だ」の声も

『MIU404』、“毒親”テーマの殺人事件に賛否「正当化してるみたいで嫌だ」の声も

pic pic

星野源

 星野源と綾野剛がW主演を務める新ドラマ『MIU404』(TBS系、毎週金曜日、夜10:00~放送)の第2話が3日に放送され、平均視聴率が11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であると報道された。初回視聴率13.1%から1.6%のポイントダウンとなった。

 本作は『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(共にTBS系)で脚本を務めた野木亜紀子氏によるオリジナル作品だ。24時間というタイムリミットの中で犯人逮捕を目指す「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」に招集された頭脳派隊員の志摩一未(星野源)と、運動神経は良いが自分が思うままに行動する隊員・伊吹藍(綾野剛)がバディを組み、数々の難事件に挑むというストーリーになっている。

 ​>>『MIU404』、星野源の役柄が「ブレブレ」「ミスキャスト」と不評?『逃げ恥』イメージ払しょくできるか<<​​​

※以下、ネタバレを含む

 第2話では、ハウスクリーニング会社で働く真面目な社員である加々見崇(松下洸平)が、会社の専務を殺害し、偶然出会った田辺将司(鶴見辰吾)と妻の早苗(池津祥子) たちを人質に取り、逃走を図るという展開に。過去に息子を自殺で亡くした田辺夫妻は、息子と加々見を重ね合わせ、専務の殺人を否定する彼を信じる。しかし、その後警察の捜査により犯人の指紋と加々見の指紋が一致。志摩と伊吹が加々見の元へ駆け付けると、加々見は専務と、かつて自分に虐待をしていた亡き父親を重ね、その復讐のために専務を殺害したと告白する。最後、加々見は田辺夫妻に深く頭を下げて、逮捕されるのだった。

 毒親に育てられた息子が、父親に似た上司を殺害するという展開に、視聴者からは「これは犯人に感情移入しちゃうわ。毒親に似てる人って直感で分かるし、すごい気にしちゃうから、親と上司重ねちゃうの共感する」「毒親や暴力を振るう親に育てられると、感情の表現方法が分からなくなる。話し合いや逃げることを知らずに、暴言や暴力だけが自分の盾だと思い込んでしまう…」「結局、加々見は親に謝罪してほしいだけだったんだよね。うちの親も毒親気質で絶対に謝らないタイプ」という共感の声が集まっている。

 一方で、「犯人かわいそうだけど、犯罪は犯罪。正当化してるみたいで嫌だ」「犯人は毒親とパワハラ上司のせいでああなったのは分かる。でもあの夫婦を巻き込んだのは許せない。信じてくれたのに…」「田辺夫妻すごくいい人だけど、勝手に加々見が無罪だと思って警察の邪魔して犯人逃すのはどうかと思う。もし逃したことによって別の被害者が出てたらどうするんだ?」「加々見の謝ってほしかったってセリフに違和感。普通、謝るぐらいなら最初からするな!って思わない?その辺の当事者の描写甘いな」という厳しい意見も集まっている。

 「本作の脚本家の野木氏は、過去作でも毒親を始めとする社会問題をテーマとして取り上げてきました。代表作である『アンナチュラル』(TBS系)や『獣になれない私たち』(日本テレビ系)でも“毒親”をテーマに扱い、視聴者から共感の声を集めていました。今回は、毒親に育てられた息子が毒親への復讐のために殺人に手を染めるというエピソードと、過去に息子を信じてあげられなかったことを悔やむ夫婦のエピソードが絡んだ、切ない展開が大きな反響を呼んでいます。

 切ない余韻が残る演出に、視聴者からは『野木節炸裂しまくり』『“どんなにむかついても、殺した方が負けだ。無実でいてほしかったな”って伊吹のセリフ刺さったわ…。やっぱり野木さんの脚本最高』という絶賛の声も集まっています」(ドラマライター)

 第1話放送後は「星野源のキャラがはっきりしてない」「エピソードを詰め込みすぎ」などの批判が集まっていた本作だが、今回の第2話では好評の声が多く寄せられている。果たして今後、視聴率を回復させることはできるのだろうか。これからも作品情報と視聴者の反響に注目したい。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ