search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 独立不安視を一掃する手越祐也成功に導く人脈

独立不安視を一掃する手越祐也成功に導く人脈

pic pic

提供:週刊実話

 『NEWS』の手越祐也(32)がジャニーズ事務所からの退所を発表した。手越の取った突然の行動にテレビ関係者やファンからは「大丈夫なのか?」、「無計画すぎない?」と言う声がしきりに漏れてくる。

 だが、そこは“ジャニーズきっての策士”とされた手越。しっかりと準備をしていたという。

「手越は一見してチャラいイメージがあるが、実際は180度違うんです。地頭がよく完璧なビジネスマン。投資や企業にも明るい。その傍らで力を注いでいるのが趣味と実益を兼ねたeスポーツ人脈です。今回の独立にも大きな影響を与えています」(芸能プロ関係者)

 手越は2月にCyberZ社が運営するゲーム配信プラットフォーム『OPENREC(オープンレック)』の公式アンバサダーに就任している。さらに、新たに開設したTwitterのフォロワー数はすでに80万人を突破、100万人超えに到達する勢いなのだ。

 この手越人気に目をつけたのが、大手ゲームメーカやメディア、芸能プロダクションが抱えるeスポーツチーム。

「テレビ局は日本テレビ、芸能プロでは吉本興業、スターダスト、松竹芸能などが自前の選手を抱え、多くの大会に参戦しています。残念ながら、どのチームも赤字です。もしも、手越が監督やチームのコンサルタントになった場合、観客動員数は大幅にアップする。一気に黒字収益化が見込めるから、先を競うように手越獲得に向け動き始めているんですよ」(事情通)

 ここで密かな注目を集めているのが応援団の存在。

「ホリエモンを中心に数々のベンチャー企業の社長らが手越を支えている。だから手越の今後は安泰ですよ」(同)

 気になる手越の収入も、
「ジャニーズ時代は2000万円弱。でも、YouTubeやeスポーツの監修などをすれば、10億円は堅いですね」(放送作家)

 青年実業家として経済誌に登場する“NEWS”も時間の問題か。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ