search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月16日)共同通信杯(GIII)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(2月16日)共同通信杯(GIII)他1鞍

【今週の予想】
☆京都7R 4歳以上1勝クラス(ダート1400m)
スムーズなら一発が狙えるモンタナドライブ。中央に復帰して臨んだ前々走は、終始外を回った上、勝負どころでは大外を回るロスの多い競馬だったが、それでいてメンバー中2位の上がりを使って5着まで追い込んできており、1勝馬クラスはいつ勝ってもおかしくない力を持っているのは明らか。勝利を期待した前走は9着に敗れたが、勝負所で勝ち馬にぶつけられて怯んでしまったため。スムーズな競馬さえできれば、あっさりがあってもおかしくない。
◎モンタナドライブ
〇グレートバニヤン
▲アタミ
△₁ペプチドオリバー
△₂アシャカリアン
△₃エヌワイパフューム
買い目
【馬単】5点
◎→〇▲△₁△₂
〇→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】16点
◎→〇▲△₁→〇▲△₁△₂△₃
〇→◎→▲△₁△₂△₃

☆東京11R 共同通信杯(GIII)(芝1800m)
 クラシックの登竜門というだけではなく、将来のGⅠ馬を多数輩出している共同通信杯。過去10年を見ても、勝ち馬にはゴールドシップ、イスラボニータ、リアルスティール、ディーマジェスティ、スワーヴリチャードが、2着馬にはダノンシャンティ、ディープブリランテ、ドゥラメンテ、アドマイヤマーズ、3着馬にもスピルバーグ、サトノアラジンと錚々たる名馬の名が。今年の出走馬にも名馬となりうる素質馬がいる。その名はマイラプソディ。ハーツクライ産駒らしく、これからますます良くなっていきそうな馬体をしているが、それでいてここまでデビューから3連勝。上がりも3戦全てで最速と強さを見せている。勝負所での反応がイマイチな課題はあるが、それでも最速の上がりが使えているということは、エンジンがかかってからの脚が如何に強烈かということ。追い切りの動きを見ても凄みが出てきており、ここは負けられない。相手本線はビターエンダー。反応が速いタイプではないため、重賞の上、勝負所で囲まれ動けず4着に敗れた前走は十分に評価できる。今回は広い東京コースで9頭立てとスムーズな競馬ができる可能性は高く、力さえ出し切れればここでも上位争いになるだろう。▲にはフィリオアレグロ。以下、ダーリントンホール、エンまで。
◎(8)マイラプソディ
〇(2)ビターエンダー
▲(7)フィリオアレグロ
△(6)ダーリントンホール
△(1)エン
買い目
【馬単】2点
(8)→(2)(7)
【3連複2頭軸流し】3点
(2)(8)-(1)(6)(7)
【3連単フォーメーション】6点
(8)→(2)→(1)(6)(7)
(8)→(1)(6)(7)→(2)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ