search
とじる
トップ > レジャー > 「前走の結果がフェイクだったらどうする?」 日本ダービー藤川京子の今日この頃

「前走の結果がフェイクだったらどうする?」 日本ダービー藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 今年の全出走馬好走平均距離に近いのは17年のレースでした。この年はキングカメハメハ産駒が勝ち、ハーツクライ産駒、ディープインパクト産駒が2、3着に続き、印象的だったのはペースが遅いのをルメール騎手が見抜いて、早めの仕掛けで勝利をもぎ取ったレースでした。また、走破タイム実績と上がりタイム実績の双方が上位に来る馬が3着までに絡みました。

 これを踏まえて、今年のメンバーを17年のレースに当て嵌めると、コズミックフォース、ゴーフォザサミット、ステイフーリッシュ、アドマイヤアルバが馬券に絡みやすいようです。人気になりそうなダノンプレミアムは皐月賞を回避しているので、データ不足でなのか、上がりタイムでは上位に入りませんでした。切る必要も有りませんが過信は禁物かもしれません。

 但し、一番欲しい皐月賞のデータですが稍重だったので、あの成績が良馬場で通用するかは怪しいところもありますが、対戦成績等を見比べるだけでなく、皐月賞の1、2着馬であるエポカドーロ、サンリヴァルは力のある馬にも見えます。

 また、東京競馬場は直線が長いので、今度はステルヴィオやキタノコマンドールも届くかもしれません。この2頭は前走の皐月賞では後ろ過ぎたようにも思います。データではじき出した馬と注目馬を加えた馬券にしたいと思いますが、人気馬が飛んだ時にも対応した馬券にしたいと思います。

 前走が稍重の皐月賞組を信じるか、フェイクの可能性に賭けてみるのも有りだと思います。

ワイドBOX10、6、5、7
ワイドBOX12、1、15、18

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ